Upledger Institute に行ってきました‼️

2018年8月23日〜26日、フロリダ州パームビーチガーデンにある、

 

あの頭蓋仙骨療法の聖地、Upledger Institute  にて

 

「The Touching the Brain 2」を受講してきました。

 

 

前日に近くのホテルにひろ子と入り、ホテル近くの大きな自然食店のWhole foodsで食品

 

を購入して、明日の授業の準備を済ませベッドに入った。

 

 

いつもは一瞬で眠りに入るのだが、緊張のためかなかなか寝付かれない。

 

 

時計を見るともう 5:55 am 。もう起きてシャワーを浴びる時間だった。

 

支度を済ませ、朝早くホテルロビーでUpledger Institute 行きのシャトルバスを待ってい

 

ると、ひとりのマッサージ師の女性が同じシャトルバスを待っていた。

 

今回彼女は、クラスのアシスタントを担当するらしい。

 

シャトルバスが来たので乗り込み15分程で、Upledger Institute に着いた。

 

受付デスクにあった自分の名札とサインをして受付完了。

 

 

開始時間までまだ余裕があったので、センターの中を散策し、写真を撮った。

 

 

ここが頭蓋仙骨療法の聖地だ‼️

 

John Upledger D.O.が世界の人たちのために頭蓋仙骨療法を発信されてきた場所だ‼️

 

ここから大勢の人達が世界に旅立って、人々へ救いの手を差し伸べているのだろう。

 

周りを見学しながら廊下を歩いていると、ドアの開いている部屋の前でひとりの男性が、

 

この部屋は元は、John の部屋だったんだ。と教えてくれた。

 

中に入ると机とその横に椅子があった。

 

John Upledger 先生が毎日研究されていたこの机の椅子に腰を下ろしてみた。

 

 

 

時は違えども同じ空間に居られる興奮と喜びが身体中にみなぎって来て、

今回のTAD先生の「Touching the Brain 2」を受講する意味がクリスタル・クリアになった。

なんと、最初の授業は、眼球から視神経へのアプローチで、

丁度ひろ子が若年性白内障の手術を去年していたので、

今回の講座はひろ子のために来たようなものだった。

2日目、3日目、4日目とその内容はより細部の深くなかへナ〜カ〜ヘ〜と吸い込まれていった。

4日間毎日とても深く濃い授業で、毎朝早朝にひろ子に復習を試みた。

なんと、毎回ひろ子のトラウマが飛び出して来た‼️

彼女の意識はしっかりしていて、今こんな状態だと説明していく。

日に日に彼女の身体が真の方から和らいでいくのが感じられた。

あっという間の時間だった。最後の講義も終了して、それぞれ帰路に発っていく。

今回一緒のデモをしたパートナー、同じホテルに滞在して毎日一緒に会場まで車で

送り迎えしてくれた友達、アシスタントの友たちとBIG HUG をして別れた。

勿論、TAD 先生との熱い握手‼️

また来年も腕を上げてきて再受講の約束をしてお別れをした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: Fujimaki_Tsunenori

たなこころ*C・S・Tこども機能発達センター(Tanacocolo center for CranioSacral Therapy.)代表。“こどもたちに、もっとできることがある” をモットーに活動。 CranioSacral Therapyの技術研鑽のために毎年渡米し、常に新しい技術と情報収集を行い、後進育成にも取り組んでいる。IAHP メンバー会員http://www.iahp.com/,日本ホリスティック協会会員http://www.holistic-medicine.or.jp/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中