News & Blog

ヒトの進化する順番って⁉️

みなさんこんにちは。

たなこころC.S.T.こども機能開発センター の藤牧経乘です。

今日は、ヒトの進化していく順番がいかに大切か‼️ という事をお話いたします。

そこで、こんなテーマから入っていきます。

『 個体発生は系統発生を繰り返す ⁉️ 』です。

私のキャリアのスタートは、

米国・フィラデルフィアの脳障害機能回復研究の世界的権威である

ドーマン博士の研究所で障がい児・者と寝食を共にした4年弱の研究生活に始まります。

研究所では、

私は「個体発生は系統発生を繰り返す」という原理に基づく

脳の発達のメカニズムとその機能について、

それこそアスリート並みの運動訓練を行いながら 毎日、実践研究に明け暮れました。

「個体発生…」とは、

ひとつの種はその進化をしてきた過程に沿って成長・発達する。 という意味ですが。

わかりやすく言いますと、

ヒトは受精した卵が細胞分裂・進化していく過程で、

受精後32日目に魚類に変身し、

34日目に両生類に、

36日目に爬虫類へ、

38日目には哺乳類に進化していき、

70日目には赤ちゃんの面影が現れてきます。

そして、受精後約280日ほどで、ヒトの種の赤ちゃんとしてこの世に誕生して来ます。

この過程(280日間 : 十月十日)は、

進化の過程では、

約28~30億年程の考えられないほどの月日が流れているといわれています。

それじゃあ、ヒトの1日、1秒は

何年の年数が経っているのかな⁉️ (計算してみて下さい)

ひとつひとつの脳のレベル・段階( 脊髄・延髄、脳橋、中脳、間脳、大脳皮質 )に備わっている、

正しい運動 ・動作 = 波動・リズム・振動数 を、

人類は生まれながらにして既に持ってきていて、

出産と同時に赤ちゃんたちは、

初めて体験する「重力」の環境の中を

自力で身体を動かしながら、 五感を刺激して、

それぞれ脳のパターン・運動・波動・振動数を経験していくことで、

脳幹部( 脊髄、延髄、脳橋、中脳 )の成熟度が増して、

それと繋がっている 小脳 と共に成長発達していき、

大脳からの指令をスムーズにするための道すじ(神経細胞:ニューロン、シナプスやグリア細胞)の

基礎固めをしていきます。

さらに、

上部の間脳( 大脳と脳幹の間に位置していて、情報の中継地点。視床、視床上部、視床下部で構成 )

から最高部の大脳皮質へと繋がっていく神経細胞を構築していく道すじが

既に脳の中にはプログラミングされているのです。

赤ちゃんの時期は「 下部の脳から上部の脳への発達 」が主で、

特に「運動」を通じて、感覚系を刺激していく方法を取っていきますが、

赤ちゃんには、

魚の時期の運動 ( 胴体運動 ) →

両生類の時期の運動 ( 同側運動 ) →

爬虫類の時期の運動 ( 交叉運動 ) →

哺乳類の時期の運動 ( 直立・歩行 )…等の「運動」を脳の発達の過程に沿って

下のレベルの脳から「順番」に消化・成熟してくる事がとても大切になってきます。

人の赤ちゃんが

床の上でモゾモゾ身体を動かしている頃から、

立って歩き出すまでに 約1年が必要ですよね。

それが進化の過程では、

魚類が水中を身体をくねらせて泳ぐ動きから、

哺乳類が立って歩き出すまでにかかる時間は、

約4億年の長~~い月日がかかっています。

そごいですよね‼️

赤ちゃんの1日は一体、何年分の進化しているのかな⁉️

(これも計算して見てください)

ですから、

赤ちゃんのひとつひとつの動作・運動・振動数・リズム( 腹ばい の振動数→ 四つ這い の振動数→

伝え歩き の振動数→ よちよち歩き の振動数→歩行運動の振動数・・) が、

中枢神経系(脊髄・脳)の神経細胞の成長発達にはとても大切になってくるという事は誰が見ても

明確かと思います。

最近の住宅事情で

狭い部屋にはいろいろな家具が溢れていて、

赤ちゃんが畳や床の上でハイハイ出来るスペースが無くなり、

ベビーベッドで寝かされたままでいる。

ある時ベッドのふち、またはテーブルにつかまって

ハイハイをすることなく

また変則的なハイハイをして立ちあがっていた。

というようなケースもちらほら助産婦さん方から耳に入ってきます。

ある子育て雑誌に、

有名なスターがあかちゃんを上からバネの紐で吊るした丸椅子に座らせ、

足が床に着くと反射で屈伸しながら上下にバウンシングして赤ちゃんが喜ぶのを、

親も手を叩いて見ている・・・という写真を見ました!

ヒェ~~‼️ と背筋が冷え~と凍りました。

むかしアメリカで流行っていたもので、ある玩具会社が紹介していたものです。

このあかちゃんは面白いから何度も何度も繰り返し挙げ句の果てに、

足が突っ張るようになってきて、立ち始めます。

ハイハイをしてこないですぐに立ち、歩き出してきたことで、

脳のあるところに未完成な部分がでて来る可能性があるようです。

ハイハイをしてこなかったということは、

視機能、感覚機能、三半規管にも影響していて、

転んだ時に手が出ない、

顔にものが飛んできた時に目を塞げない、

物の追視が苦手で両手遊びができない、

不器用で、集中力が無くじっとしていられない、

学校で板書ができない・・・という問題も起こりやすくなります。

ひとつのある脳の運動をしないで飛び越してくる、

変則的なハイハイのパターンの動きをしていた。

それは、脳のその部分が未成熟のまま大きくなって来るということです。

神経回路が充分に出来上がってきていないということにもなりかねません。

でもみなさん大丈夫です‼️ ‼️‼️

腹ばい、 四つ這いは、

歩き出している子ども達にも、

脳神経回路再構築させていくとても良いものですから、

遊びの中に取り入れて行かれる事をお勧めします。

今からでも間に合いますから是非、試してみてください‼️

 

赤ちゃんが母乳を上手く飲めない理由

みなさんこんにちは。

たなこころC.S.T.こども機能開発センターの藤牧経乘です。

先日、

当方主催の講座で頭蓋仙骨療法を長年学んでくださっていて、現場で多くのお母さんや

赤ちゃんのトラブルを解決されてご活躍の助産婦さん達と会う機会がありました。

話題の中でいつも出てくるのが、

母乳相談の話題です。

掻い摘んでお話ししますと……

母乳相談に来られて、お母さんの乳房のトラブルは改善され良いおっぱいになっているのに、

赤ちゃんが上手におっぱいを飲めなくて、とても苦労されているお母さん方が多い……とのこと。

赤ちゃんが飲めないと体重が増えず、母乳を諦めて混合ミルクに切り替えざるを得ないケースが

とても増えているようです。

お母さんは、

自分の飲ませ方が悪いのだろうか・・、

自分の赤ちゃんに対する扱い方が下手なのだろうか・・・

と思い悩まれます。

赤ちゃんに対しては、

「この子はおっぱい飲むのが下手でね~」とか、

「すぐにあきらめちゃうのよね~」等々の言葉が出てきます。

 

しかし、声を大にして、

赤ちゃんに成り代わって、言わせていただきます!

 

赤ちゃんは、

飲みたくても 骨格的に飲めない状態でいるのです!!

具体的には:

● 顎関節に歪みがあり、口が開きずらい状態になっている。

● 赤ちゃんが出産の時に回旋異常で捻れた状態で出てきて、頚椎、後頭骨、喉 (舌骨) 、仙骨等にロックがかかっている。

● 出産で頭が出てきたときに、赤ちゃんの頭を下げて顎を引くように導きすぎた結果、下顎が奥に引っ込んでしまい、そのままロックがかかり、口が開けずらくなっている。

● 吸引分娩で頭に変形があり、それが原因で顎関節や頚椎、仙骨にロックがかかっている。

 

以上のことから、

赤ちゃんは

開きたくても口が開きにくい状態になっていて、その結果、当然、吸啜力も弱くなっているのです。

こういう状態の赤ちゃんは、

どちらか一方向しか首が向けないとか、

いつも身体を反らしている、

抱いていないといつも大泣きする・・

頭の形がいびつ(特に絶壁気味)・・等々 の状態も併せ持つことが多いです。

そして、

将来の歯並びにも影響してくるのは目に見えています。

(同じ様な話を 仲の良い歯医者さんも言っていて、

最近の子供たちに口を開けられない子どもが増えている……と。)

一刻も早く こういったトラブルを解決して、楽しい育児を存分に味わってもらいたいものです。

 

私は、アメリカ・メイン州で

たくさんの赤ちゃん達の こういったトラブルを 解消してきました。

そして、

このことを日本にも伝えたくて11年間のアメリカ生活に終止符を打ち、2005年、日本に戻ってきました。

日本でも 福岡・大阪・東京をはじめ各地で、たくさんの赤ちゃんたちを診てきました。

赤ちゃんの頭蓋骨、口腔内、顎関節や頸椎のねじれや歪みを頭蓋仙骨療法のお手当てで 解放してあげると、

ゴクゴクとすばらしい吸啜力で赤ちゃんがおっぱいを飲み始めます。

赤ちゃんが本来持つ力を表に出した時、

それはそれは神々しい姿で 本当に感動的です!

 

お母さんも今までにない力強さでゴクゴクと勢いよくおっぱいを吸われると、

「今までと全く飲み方が変わりました!」

「今まで 切れて痛かった乳首が痛くありません!」

と瞬時にその変化を感じられます。

そしたら、

お母さんだって嬉しくなってホルモンもどんどん出てきて、

ますます良いおっぱいが出てきますよね。

生きる力に溢れる赤ちゃんを愛情いっぱいにやさしく包み込んで見守る お母さん。

そんな授乳の素晴らしさをすべてのお母さん・赤ちゃんに味わってもらいたいと思います。

 

重ねて、言います。

赤ちゃんだって、

本当はお母さんのおっぱいが飲みたいんです。

でも、

「僕の顎の骨が窮屈で、上手にお口が開けられないの。」

なんて 赤ちゃんは言葉で説明できません。

なので、

泣いたり、

身体を反らしたり、

強く吸えない・・等々

身体を使って 一生懸命 訴えているのです

そんな、

あかちゃんの『身体のことば』 的確 にひろって、

翻訳してあげるのが私の仕事だと思っております。

 

そして、

赤ちゃんに一番早く接触する 助産婦さんに、

『身体のことば』の翻訳ができる確かな知識と と このお手当て法(頭蓋仙骨療法)を

お教えすることも私の使命だと思っています。

まだまだ

助産婦さん全体の数からみたら 少ないですが、

これらのことに 心が響き、誠実にお手当て法を学んで、研鑽を積んでくださっている、

経験豊かですばらしい 助産婦さんをご紹介することが出来ます。

もし、

困られている方、お友達に不安を抱えていらっしゃるお母さん・赤ちゃんがいましたら、

どうぞお問い合わせくださいね。

本日出会った☆天使ちゃん☆

こんにちは。

たなこころC.S.T.こども機能開発センターの 藤牧仁子です。

先日、5歳の男の子 Y君が 初めてご両親とたなこころ庵を訪れてくれました。

彼は、

立てない、歩けない、言葉が出ないというお子さんなのですが、

賢くて気高い魂の持ち主で、

一緒にいるだけでこちらの心が清らかになるような、
そしてふわっと笑顔になるような、そんな天使のようなとてもとても素敵なお子さんでした。

マッキーが、さっそく Y君の身体をやさしく触れていきます。

Y君の仙骨と頸椎、脳幹部( 延髄・脳橋・中脳 )の硬膜に強いねじれがあることを感受しました。

そしてそのねじれををやさしく解放してあげると、
(というか、そばで見ていても ただ触れているだけなんですけどね・・)

なんと、

今まで出来なかった「寝返りもどき」をごろんごろんと何度もし始めました。

これには、ご両親もびっくり!

「すごい!すごい!」と声をあげて大喜びされています!!

本当はね、

本人は、ちゃんと出来るのを知っていたのです。

でも、ちょこっと
身体にブロックがかかっている場所があって

上手く出来なかっただけなんだよね。

それが 取れちゃったら、

自分のイメージ通りに身体が動いて、

「あー気持ちいい!」

「身体が自由に動くって、嬉しいねー。」って、

お口から出る言葉ではないけど、

身体から発せられる『ことば』と

ニコニコの笑顔で

たくさん『嬉しい!』を表現してくれていました。

その場に一緒にいるだけで、

わたしたちも ふわぁ~ん って優しい、嬉しい気持ちに包まれます。

でも、そのお母さんも素晴らしい感覚の方で、

Y君の仙骨と髄液に何か問題があるのでは・・とずっと気になっていたそうなんですね。

今まで、他の整体、療育での理学療法士の先生方に「仙骨おかしくないですか?」 と

ずっと聞いていたそうなんですけれども、

どなたも「問題ない、お母さんの気にし過ぎ」 と言われてきたそうです。

でも、

目の前で仙骨のねじれを緩めてもらって、

ごろんごろんしだしたお子さんを見て、

「自分の感覚は間違ってなかった~!」 と

とても喜んでおられました。

本当にどんなお医者よりも、

どんな「先生」と呼ばれる人よりも、

我が子を想う母の「直観」はいつも正しく、

母の愛に勝るものはない! ということですね。

Y君は、

天使のような素敵なお子さんで、

その場の空気感がふわっと軽妙に清らかになるんですよ。

ず~っとそばにいたいと思うくらい。

と~っても幸せな気持ちを ありがとう! でした。

そして、

お母さん、お父さんには、

お家で出来る

頭蓋仙骨療法のお手当て法( 脳幹部の解放法 ) や

前庭器管に刺激をあたえる運動や

はたらきかけをお伝えしました。

お家でしっかりと

適切な 働きかけをしてくださっていると

次回 会った時に ぐ~ん と変化しています。

まだまだ、これから

どんどん 脳細胞・脳神経も成長、発達していきますから。

そして、何より、

Y君本人が、自分がこれから どんどん 成長して

身体の中にぎゅーっと つまっている

限りない可能性を どんどん出していくぞーっ!

これって、ぼくにとって

すごい 喜びなんだ!っていう

嬉しい! 楽しい! エネルギー出して、

身体いっぱいで表現してくれていました。

本当に 次に 会うのが 心から楽しみです。

素敵な 時間を ありがとう♪