おじいさんとの出会い

私が「出産」に注目するきっかけになった、あるおじいさんとの出会い。

私が使命感をおびて熱心に研究を続けるようになったテーマ=「出産」に出会う、驚きのきっかけがありました。1998年、アメリカメイン州で89歳になるおじいさんを施術した時のことです。施術をして欲しいと私の前に現れたそのおじいさんは、話す声も小さく地味な服装をしてとても内向的な性格でした。通常、頭蓋仙骨療法の施術は足先から頭に向かって手当てをしていきますが、ちょうど首にさしかかった時に、彼が「ガアアオオー」と大声で叫び 苦しみもだえ始めたのです。私も初めての経験で驚きましたが、そのまま手当てを続けました。しかし、心の中では彼が高齢でもあることから「頼むから死んでくれるな!」と冷や汗をかきながら祈っておりました。

hot-air-balloon-1563994_1920施術を終え彼の状態も落ち着いたところで 何があったのか尋ねたところ、彼はこう言いました。「僕は思い出したんだよ。母のお腹の中にいた時、へその緒が首に巻き付いてとても苦しかったんだ! そういえば子どもの時から首の周りがつかえている感じがして、教会に行く時に着けさせられるネクタイが嫌でいつも気がつくと外していたよ。なんだ、そういうことだったんだ!!!」そして、数日後街でばったり彼に再会した時、私は我が目を疑いました。あんなに嫌がっていたタートルネックの、しかもとても派手な明るい色のセーターを着て 、マフラーを首に巻きつけ「フジ~!」と大声で呼びながら私を公衆の面前で抱きしめるのです。

地味で内向的だったおじいさんが突然元気で明るいおじいさんに大変身です。出生時の何らかの不都合・トラウマは、解放されないと本人の自覚があるなし関係なく それはいつまでも内在し続けます。しかし89歳という年齢になってもひとたびそれが解放されるとその人の性格や趣味趣向までも激変させるほどの変化が起きるということをこの出来事から学びました。

それが1998年のことです。その当時同じ町にいた助産婦さんにこのおじいさんの出来事を話すと、自分の取り上げた赤ちゃんたちを診てほしいということで、そこから私の『出生時における骨格的なアプローチから見たトラウマの実態とその解放法』の調査研究が始まりました。そしてその調査が実を結び2000年にアメリカ・ニューイングランド地方(マサチューセッツ州、コネチカット州、ニューハンプシャー州、メイン州、バーモント州、ロードアイランド州)の助産婦協会の大きな大会で「自然分娩の大切さ、出産に起こるトラウマの実態とその解放法」と題した講演とワークショップを行なわせていただきました。

その後この手当て法を日本でもお伝えするのが私の使命と感じるようになり、11年間のアメリカ生活に終止符を打ち2005年に日本に戻ってまいりました。帰国後も福岡の自然分娩で高名な「春日助産院」「なかむら産家医院」「水巻助産院」にて産前産後のお母さんと赤ちゃんのケアと講習会活動を通して調査研究を続けてまいりました。

その活動が認められ、2011年から毎年 福岡水巻看護助産学校にて非常勤講師として「頭蓋仙骨療法」を担当、同年より日本赤十字九州国際看護大学大学院にて非常勤講師として 補完代替医療「頭蓋仙骨療法」を担当し、助産学の教育現場にも毎年参加させていただいております。

あかちゃんのトラブル

赤ちゃんのトラブル

最近、こんな悩みを持つお母さんが増えています。

 一日中泣き続ける、床に置けない
 えび反りになる、身体を突っ張る
 いつも同じ側しか向けない、向き癖がある
 おっぱいを片側でしか飲めない
 おっぱいの吸いつきが弱い
 よく吐く
 頭の形が悪い、吸引分娩の吸引跡が残っている
 便秘がち
 中耳炎によくなる

お友達のお母さん・おばあちゃん・助産師さんたちの「時間がたつと自然に治っていくよ」の言葉に勇気づけられ「○○ちゃんもうちの子と同じくらい頭の形悪いけど元気だし、心配ばかりでマイナス思考は良くないよね。ポジティブにいこう!」とあまり気にしないようにして家事・育児に追われる毎日をすごしていませんか?

でも 初めに母親としての本能で “大丈夫なのかしら?”と、直感的に感じた心の声・・これが命の本当の声なのです。でもこの「声」に対して、今まで本当に納得いく答えを出してくれるところはなかったのではないでしょうか。

安全なお母さんのおなかの中から 外の世界に必死になってやって来てくれた赤ちゃんたち。狭い産道を通って、身体のあちらこちらをぶつけたり押し付けられたりして,みんな大なり小なり身体に負担をかけて一生懸命出てきてくれました。なんと健気で素晴らしい存在なのでしょう。

ある意味生まれてくるために必然であるそのような骨格的な歪み以上に、最近では出産の仕方も多様化し、陣痛促進剤などの薬物を使用するケースや吸引分娩・帝王切開などの医療介入もとても増えています。

そのような昔に比べると「自然」ではないお産は、「命のリズム」=「頭蓋仙骨系*リズム」に何らかの不具合を残す赤ちゃんも多いのです。赤ちゃんはただ泣くことしかできません。育てにくい子でもややこしい子でもないのです。ただ必死で何かをお母さんに伝えようとしてくれているのです。C.S.T.こども機能発達センターでは、赤ちゃんの言葉で表現できない身体の訴えを骨格的に読み解き、やさしくお手当てしていきます。

不具合のおきているところのあらゆる波動を、やさしいタッチで感じ取り、受け止め、待って、認めてあげる・・・からだと対話をしながら、頭蓋仙骨系の一定のリズムを促してやると、自分の力で本来の調子を取り戻してリズミカルに作動し出します。

すると様々な症状も軽くなり、おっぱいも自力で飲めるようになり、赤ちゃん本来の笑顔が戻ってきます。でも心配しないでくださいね。5gタッチ・それ以下といわれる繊細で優しいタッチで触れていきますので、どんな赤ちゃんもふんわり柔らかくなってスヤスヤ気持ちよく寝ていますよ。

骨格的見地から見た母乳育児の大切さ。

DSCN4413出産時に起きた骨格的な捻れ・歪み等のトラブルを解放するのに『母乳育児』がどれほど重要な役割を担っているかそのメカニズムについてお話ししたいと思います。赤ちゃんの頭蓋骨・骨格は大人のものとは違い、柔らかく、数も多く細分化されています。だからこそ、何時間もかけて狭い産道を骨を重なり合わせたり形を変えて、通って出てくることが出来るのです。

その結果、全ての生まれたての赤ちゃんは必然として大なり小なりの頭蓋骨・骨格に捻れ・歪みを持っています。その捻れ・歪みを解放し、あるべき姿に導くのに『母乳育児』が大変重要であることが、日・米・欧のたくさんの赤ちゃん達を治療してきてわかりました。

母乳を飲むときの赤ちゃんの口蓋内の『吸てつ力』は、哺乳瓶で飲むときと比べて『数十倍』もの強い力がかかるといわれています。この力強く生命力に溢れる『吸てつ力』こそが、赤ちゃんの頭蓋骨・骨格に起きている捻れ・歪を解放するメカニズムの原動力なのです。

さて、傍から見ると赤ちゃんはごくごくと美味しそうにお母さんのおっぱいを飲んでいるだけのように見えますが、骨格的には素晴らしい連係プレーでこの美しい営みが行われています。まず、お母さんの乳首が赤ちゃんの凹んだ上顎にキチンとはまることが大事です。

そして、次にしっかりと力強く吸てつすることで、上顎骨(じょうがくこつ:2つに分かれている)DSCN4415→鋤骨(じょこつ)→蝶形骨(ちょうけいこつ:3つに分かれている)→後頭骨(こうとうこつ:4つに分かれている)→側頭骨(そくとうこつ:3つに分かれている)→頭頂骨(とうちょうこつ:2つに分かれている)→前頭骨(ぜんとうこつ:2つに分かれている)等々の骨がそれぞれ調和を持って、共鳴、共振しながらギアのように動きます。

その『生命の波動』ともいうべき振動が頭蓋骨中・全身に行き渡り、捻れ・歪等を解放に向かわせていくのです。その結果、血液、脳脊髄液、ホルモン、気の流れが改善され、脳のストレスが激減していきます。この機能が作用できるのは、柔らかくそれぞれの骨は隙間だらけで自由にその形を変えることが出来るという特徴を持つ 赤ちゃんの時だけ なのです。

母乳育児の大切さが、ただ単に栄養価の問題だけでなく、赤ちゃんのこれからの将来の骨格・頭蓋骨(中枢神経系)・成長・発達・免疫等にまで影響することが解かれば、簡単に母乳を諦めて哺乳瓶を勧めていくことに危機感を感じます。赤ちゃんがおっぱいを上手く吸えない時、お母さんのおっぱいに問題が無い時は必ずと言ってよいほど、赤ちゃんの口蓋の骨格的な歪みや捻れが原因です。

代表の藤牧は、赤ちゃんに触れただけで、赤ちゃんがどんな姿勢でお母さんのお腹の中にいたのか、どの様に産道を通ってきたのか、帝王切開か、回旋異常か…等が解り、施術につなげていきます。今後の骨格的成長・発達・免疫にまで影響しますので、どうぞお悩みの場合はご相談ください。


赤ちゃんは私たちの宝

「生まれてきてよかった!」「産んで良かった!」幸せな出産がこの日本を、地球を蘇らせる!赤ちゃんの母乳の吸い方が下手・弱い、身体をエビ反りに緊張させて飲ませづらい、いつも片側しか向けない、絶えず泣いている、床に置けず寝つきが悪い、目を合わせない、頭が絶壁で変形している…等々の赤ちゃん達には、まだ頭蓋骨、身体のどこかに捻れや歪がある証拠です。お母さん方はいろいろなところに相談に行きますが、「そのうち治りますから、様子を見ていましょう」と言われることがほとんどです。

骨格的・解剖学的根拠のない無責任な答えでは、根本的な改善にはなりません。また経過観察的な立場を取ることも私から言わせれば、自然治癒力で自ら改善していく時期をみすみす逃していくのみで本当にもったいない!の一言です。一刻も早く、赤ちゃん達からトラブル・苦痛が消え去り、親子で楽しい子育てが出来るようになってほしいというのが私の願いです。

頭蓋仙骨療法では、赤ちゃんのトラブルやお母さんの骨盤ケアのためのお手当て法がいくつもあります。しかもこの療法は、薬も器械も使わず『手』だけでやさしく触れていくのでデリケートな妊婦さんや赤ちゃんにうってつけのお手当て法だといえます。

藤牧は、2000年より多くの日本の助産婦さん方に現場で実践出来る頭蓋仙骨療法をお伝えしてきました。そして、全国の助産婦さんから今まで現場で起こっていた数々の問題ケースが驚くほど速く改善するという報告がたくさん届けられています。これからの日本を元気にしていくには、「産んで良かった」「生まれてきてよかった」と母子ともに幸せで元気でいられることが一番です。

その最先端にいらっしゃる助産婦さん方がこれからの日本を支えていく第一人者だと思っています。そんな助産婦さん達が現場で自信をもって責任ある仕事を全うしていくのをサポートするのも私の大切な役目だと思っております。

小さな男の子との出会い

35年以上の長きにわたり、障がい児(者)の治療・療育の仕事に携わることになったきっかけがあります。それは、大学時代心身障害児福祉を専攻していた時に出会った、当時2歳の重度脳性まひの男の子の経過の様子です。

その男の子の家族は、ある脳障害機能改善のホームプログラムを実践していて、私は学生ボランティアとして2年間そのお手伝いをしました。

初めは寝たきりで、医者から一生自分の足で立つことは出来ないと宣告されていたその男の子がなんと2年後には外で元気に走り回れるようになったのです。

動けないからといって何もしないでそのままベッドに寝かせていたらその男の子はどうなっていたでしょう。 彼は驚異的な回復を見せてくれました。

医者から言わせると「奇跡」に近いことが起こったのです。

ご両親をはじめ彼の周りにいる全ての人が、彼の中に潜む人間として前に向かって生きていこうとする生命力の存在を信じて疑わず、毎日彼に対する働きかけを地道に続けたことがこういった素晴らしい結果を生み出したのです。

彼が一歩一歩着実に自分の歩みを進めていく姿を目の当たりにし、私の魂は深く揺さぶられ、涙が出るほど心の底から感動しました。

たとえ今は身体が動かなくても 人間の身体の中は生きる力で溢れている!人間として成長していく力は全ての人が持っている!それを引き出すための手助けがしたい!

大学卒業と同時に、この熱い想いだけを胸に私は脳機能改善の更なる研究の為に片道切符でアメリカへ飛び出していきました。この若き日に抱いた熱い想いが私の原点であり、現在も私をずっと支え続けてくれています。