何故、今、助産婦なのか‼️

現在、奈良で「頭蓋仙骨療法」を基軸に治療活動をしていますが、私の施術の9割以上が、全国各地(南は沖縄、北は北海道)から来られる、何らかの発達に遅れや困りごとを持ったお子さんです。
ご家族には必ず事前に質問表に記入いたいています。
妊娠中の経過、出産場所と出産方法、産後の経過、授乳方法、食事・離乳食、赤ちゃんの時のいろいろな問題事項と、それに対していままでどのような専門機関にかかっていたか等々・・。
それらのデータからわかったことは、ほとんどのこどもたちが、乳児期、幼児期に何らかの不具合・トラブルを複数抱えていたということです
助産婦のみなさんなら、妊娠中〜新生児〜幼児の3歳までは、普通のどんな方々よりも検診や相談等で関わる機会が多いと思われます。
身体を緊張して反っていた、斜頸があった、ずっと泣き止まなず下に置けない、眠りが浅い、吸啜が弱い、よくもどす、目を合わせない、体重が増えない・増えすぎて動けない、いつもビクビクで過敏すぎる、原始反射がいつまでも残っている、頭の形が絶壁・いびつ、首が座らない、うつ伏せを嫌う、変則的な這い方をしている、シャフリングでの移動をしている、這わずにつかまり立ちをしだす、落ち着かない、言葉が遅い、奇声を発する、友達となじめなずよく叩く、ひとつのものに固執する、いつも斜め見する、斜視がある、階段を怖がる、ひとりでぐるぐる回っている、食べ物をこぼす、偏食がある、聴覚・感覚過敏がある、多動……。』
現場でも以上のような症状のある赤ちゃん、こども達を見かけたことがあるはずです。
助産婦の直感、直観、経験で「これは何かありそうだぞ‼️」と気づいた時に何らかの手当てを適切に施していれば解消できるものばかり…でした。
そのうち良くなるから……様子を見ていましょう」の様な経過観察的・先送りでは、何の解決にもならずさらに二次的なトラブルを呼び込んでしまうことになりかねません。
そして数ヶ月、数年後、骨格的な問題からさらに中枢神経的な問題へと移行して、いろいろな困りごととして表出してきたのです。
最近、この様なケースのこども達が非常に多くなってきたように思えるのは私だけではないはずです。
 学校でもグレーゾーンの子どもたちが増えて先生方もその対処に四苦八苦しているようです。
こども達がまだ小さいうちに、ほんの小さな異変・異常を発見し、適切に対処できていたら、
近い将来抱え込まずにすむ障がいを、水際でくい止めることができる」と私は信じています。
頭蓋仙骨療法は、骨格的、中枢神経系の構造的、生理的な変異・癒着・ストレス・エネルギーシスト(エネルギーの塊)を誘導、解放させて、本来持っているあるべき機能を呼び起こし改善させ成長発達を助けていくことができます。
専門的な知識と経験をお持ちの「現場で活躍されている助産婦さん方」が、目の前の赤ちゃん達の諸問題を少しでも早期に改善できる様になれば、日本の子どもたちは救われます‼️
私の講習会の対象者は、
日本の明るい未来を切り開く礎になっていかれる助産婦さんに限定しました。
整体師や他の療法(鍼灸など)をされている方からも受講希望がありますし、「先生バカですね!出来るだけたくさんの人を集めた方がその分収入も上がるでしょ!」とたくさんの方々からお叱りの声をいただきますが、
生まれてきた赤ちゃん達の苦痛を救えるのは直ぐに手を差し伸べられる助産婦さん方しかいません‼️
講習会に参加された助産婦さんは、講習会がまだ終わらないうちに「反っくり返って泣き叫んでいるあの赤ちゃんにすぐにでも手を当ててあげたい」と早く現場に戻りたい!と口々に言われます。
そのように明日から直ぐに実行してくれる人熱いハートをもった助産婦さんに、私は私の持つすべての経験と知識とエネルギーを捧げたいと思っています。
私はその準備が整っています。
どうぞ受け取りに来てください。
たなこころ C.S.T.こども機能発達センター
代表  藤牧経乘

本年度の米国・メイン州公認セラピストライセンスが届きました

504E3F03-5D4C-46D1-AD8D-C8DCC5E1E0CFアメリカから拠点を日本に移して今年で13年目となりました。

アメリカ在住のしっかり者の長女が、メイン州公認セラピストのライセンス更新申請を毎年欠かさずやってくれています。親孝行な娘を持ってホント、幸せです‼︎

アメリカは整体業(マッサージセラピスト)は免許制となっていて、日本のように(乱暴な言い方をすると)誰彼でも開業して報酬を得るということは出来ません。

才能に恵まれてやる気さえあれば誰でもチャレンジできる自由がある反面、清濁混同ではないですが、実力も内容も多種多様の整体師がいて今や乱立の状況です。

大人は自己責任でいろいろな療法を試して自分の好みに合ったところを探すのも良いかと思いますが、発達に何らかの困りごとを持つお子さんに対しては、ご両親が施術者がどこで学んだか、どんな経歴をもっているか、またHPなどの記事を読んでプロとして信頼がおけそうか、等々しっかりと調べて吟味された方が良いかと思います。

一番多いのが、自宅から近いという理由。子どもの学校やご両親の仕事の関係等で時間の制約があるのは重々承知していますが、「何を一番大事にするのか」「何を一番望んでいるのか」という本当の心の声を基準に物事を選んでいただきたいと思っています。

「自宅から近かった」というのは、自分の本質の部分からの答えではなく、頭で考えた思考による「都合の良さ」ですね。

お金の面でも考えても、交通費やさまざまな費用を考えると近くの方が良いとその時はそう考えるかもしれませんが、「専門のことはよく分からないけど○○ちゃんも行っているし、何となく良いのだろう」というそのエネルギーレベルと引き合うところにお金を使うのが本当に賢明なお金の使い方でしょうか?

私どものところには、沖縄や北海道からも飛行機や電車を乗り継いでお子さんを連れて来られるご家族がいます。時間やお金の大切さだけでなく、そのご家族が何を一番大切に思っておられるかを感じるからこそ、私どもも自分の命の力を精一杯出して全力でお応えしています。

でもね、ほとんどのお子さんは「マッキー先生のお家に遊びに行った」と思っているようです。だって、おもちゃで遊びたい子はおもちゃで遊ぶし、絵本を読みたい子は絵本を読むし、ボール遊びしたい子はボール遊びするし、自由にしたいことさせてもらえるから初めは緊張気味だった子も途中から本領を発揮して好きな遊びに熱中し、帰る頃には「帰らない!」という子もたくさんいます。

そんなお子さんの大切なかけがえのない時間を私たちと共に過ごすために足を運んでくださるご両親には心から感謝しています。

ライセンスの話から少し逸れてしまいましたが、「ご縁」が無ければ誰とも出会うことは無いのですから、自分が結ぶ「ご縁」、これからも大切にしていきたいと思います。

 

藤牧 仁子

2018年7月・頭蓋仙骨療法「助産婦専門コース・基礎講座」開催決定!!

2018年7月 奈良にて「助産婦専門コース・基礎講座」を開催します。

*「助産婦専門コース・基礎講座」*

日時:2018年7月15日(日)9:15受付〜9:30開始〜19:30終了

場所:奈良市内(お申込み時に詳細をご案内します)

参加費:30000円(事前振込み)

対象者:助産婦

定員:16名

 

*「てしおの会」*

日時:2018年7月16日(祝)9:15受付〜9:30開始〜16:30終了

場所:奈良市内(お申込み時に詳細をご案内します)

参加費:10000円(事前振込み)

対象者:基礎講座受講した方(7/15の基礎講座受講者も対象となります。)

定員 : 16名

 

**お申込み**

*メールアドレス(パソコンから受信できるのもの) *お名前 *お電話番号(緊急時対応) *ご住所

をフォームに沿ってご記入いただき、

<お問い合わせ内容>欄に、

*ご希望のセミナー名 *ご職業 をご記入の上、

こちらのフォーム から送信ください。