日本のこどもたちが危ない‼️

今回の九州福岡での講演会には多くのお母さん、保育士さん、助産婦さん方に参加いただきました。

 

 

主な内容は、

 

⚫︎「母乳育児の神秘」のメカニズムを骨格的にわかりやすく解説して、

 

⚫︎「うつぶせ寝」の状態と「うつ伏せ」の動作 との違い  

 

ヒトとしてたどってきた秩序ある道筋(進化発生生物学的) を歩むことの大切さを

 

わかりやすくお話ししました。

 

最後は広い会場に移り参加者全員で正しい腹ばい、高ばいをして閉幕となりました。

 

 

わかっていたことですが、改めて衝撃を受けました。

 

 

参加者の中に、ある保育園の園長先生、主任の先生方が講演会終了後直ぐにいらっしゃり、

 

「うちの園児たちにもシャフリングや変なハイハイやハイハイをしたことのないこども

 

達が大勢います‼️」

 

「多動、自閉症児、指示が伝わらないこどもたちもいます。」

 

「何かしてあげられる事はありませんか?」と言う切実なご相談でした。

 

 

早速、「頭蓋仙骨療法」と「発生学」を学ばれた地域の助産婦さん方に依頼があり、

 

即決、定期的に保育園へ指導に行くように決まりました。

 

本当に良かった‼️

 

 

最大の問題は、

 

世間の風潮が、腹ばい(ズリバイ)、高ばい(四つ這い)を軽視してきていることです。

 

特にSIDS (幼児突然死) の事があるから皆さんとてもナーバスになっています。

 

更に「腹ばい(ズリバイ)に関しては、してこなくとも成長には全く問題ない‼️」

 

と言うようなことも言われている有様です。

 

本当にそうでしょうか⁉️

 

 

「腹ばい・ズリバイ」をする事で、

 

⚫︎骨格的(股関節の寛骨臼と大転子の関係性、背骨とお腹側の直立筋群、腹斜筋群等)な

 

発達を促していきます。   首の座りも出来始めます。

 

⚫︎中枢神経系の発達を促すとてもとても大切な運動です。

 

個体発生は系統発生を繰り返す」と言う理論を、

 

骨格的、 中枢神経的な面から誰にもわかりやすく説明して、

 

ヒトとしてこの現代社会に生きていく上でとても大切な基本中の基本のお話です。

 

 

例えば、大きなクレーン車をイメージしてください。

本体がガッチリどっしりしていないと、長い首を持ち上げて荷物を吊り上げることはでき

ませんね。

 

その状態と全く同じで、赤ちゃんのお尻周りの筋肉、骨格がしっかりしていないと首は持

 

ち上げられません。

 

うつ伏せでのズリバイ(腹ばい)運動をして来なければ筋肉、骨格、内臓系、呼吸器系、

更には脳の発達にも影響が出てきます。

 

 

マッキー先生が、大きな会場内を正しいズリバイ(腹ばい)、ハイハイ(高ばい、四つ這い)の

 

仕方をデモしてから、会場内を参加者全員でハイハイしてきました。

 

 

理論ばかり習っても、実技実習が伴わないとわかったことにはなりませんので、

 

マッキー先生の講習会、講演会は参加者全員に必ずハイハイをして貰います。

 

赤ちゃんから幼児期のこども達へは、正しいズリバイ、ハイハイをさせていける環境がも

っと普及してくれることを祈って閉幕となりました。

 

 

 

 

 

 

今日で一歳となりました。

今日、2月26日は、私の誕生日で、61歳となりました。

img_2935

 

朝はゆっくり過ごして、午後から酵素風呂に入りに行き、

 

身体の中から汗をかき大変身‼️

 

 

 

 

人生のUターン・還暦から数えて一年。

 

 

一歳の頃のこどもは、やっと自分の足で大地を踏みしめて、その一歩を出し始めます。

 

進化の過程では、やっと哺乳類の猿人類からヒトとしての第一歩。

 

これからどの様な人生が待っているのでしょうか⁉️

 

考えただけでもワクワク、ウキウキしてきます。

 

これからは、あるが儘、我のまま、我儘(ワガママ)、自分の儘で生きていこう‼️

 

自分の      命      は

 

自分の     心      が

 

ワクワク      ウキウキ       することに

 

使うために      あるのですから

 

これからバージョンアップしたマッキーパワー炸裂です‼️

 

楽しいことが起こりますので、ご期待あれ‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産道と児頭の応形機能とその後の発達

もう半年以上前の2018年6月16日の事で申し訳ないのですが。

「BSケア」という乳房ケアの全国組織団体の年一回開催される全国大会が、

沖縄で開催されました。

 

 

テーマは、「産道と児頭の応形機能とその後の発達~生まれ来るいのちのスタート

に寄り添う~」でした。

 

内容を簡単に説明すると、

◉「お母さんの産道に合わせて、赤ちゃんの頭、身体の形が決まりまってくる。」

◉「頭の形が変形しているということは、中身の脳も変形している。」

◉「変形が固定化しないうちになんらかの処置が必要になる。」

◉「変形された脳の組織 : グリア細胞、シナプス、ニューロン、血管等 の状態では、

いろいろな複雑な中枢系のネットワークに支障が出てくる。」

◉「それをいち早く解放してあげられるのは、助産婦さんです。」

 

等のお話をさせていただきました。

 

 

出産時の胎児の頭・身体にかかる強烈な圧迫、捻れ、吸引等を

「自分本人」がイメージできますか?

 

産道の形で、いろいろな頭のシェイプが変わってきます。

5つの特徴的なケースの絵の中で、

一つ一つのケースをどこから圧が加わりその様な形になっていったのか?    を

参加されている助産婦さん方に5分間程で検証していただきました。

 

実際、そのような赤ちゃんが産まれたとして、どのようなケアをされていたのか?

 

助産学大系の教科書には、

「通常では分娩後約1週間以内に消失する。」

と記載されているものだから、ほとんどの赤ちゃんたちはそのうちよくなるはず? と

放置されてきていたのです。

 

やはり、頭の変形が強い赤ちゃんほど様々な問題が起きていたことでしょう。

 

頭に歪みがあるという事は、外側から脳の中に入り込んできた凄まじいエネルギーの塊

(エネジーシスト)が、抜け切らずに時間とともに内在していき、固定化し、変形され塊に

なり異常をきたして、複雑な中枢系ネットワークに誤作動を起こし始めるのです。

 

その状態が数ヶ月、数十ヶ月〜と時がすぎていくと、母親は周りの子どもたちとの

相違に気がつき出します。

 

 

この様なことが起こらないように、助産婦の直感で気付いた時に的確な対処が

できてさえいれば、将来抱え込まず、悩まないで済んでいたかもしれません………。

 

で、講演を締めました。

 

 

講演会後、意識の高い多くの助産婦さん方が話に来てくれました。

「そう言うことだったんですね‼️  今まで引っ掛かっていた物が取れました。 」

 

動きはどんどん加速を付けて回っていきます。

 

一歩足を踏み出せばいいだけのことです。

 

子どもたちを世の光に、そして さらに輝かせるために

 

助産婦さんの協力が必要なのです。