アメリカで皆既月食

皆さん、こんにちは。

我々は、今、アメリカ・メイン州にいます!
先日9月28日は、皆既月食でした!
時差があるのを忘れ、「明日だな~」なんて思っていたら、次女に「今始まったみたいだよ」と教えられ、慌てて外へ。
満月に影がさし、三日月のようになっていって全部が影で覆われた後に、月がぼわ~んと赤くなってきました。
なるほど、これがblood moonと言われる所以なのですね。とても幻想的でした。
{461FC471-F834-441C-8D58-4EC42DC6E6C2:01}
(大きくするとぼけてしまうので小さくでしか撮れませんでした。悪しからずm(_ _)m)
隣で近所の子供たちが、
「Make a wish!(願い事して!)」
って騒いでいたので、
私たちは願い事というより、こんな素晴らしい神秘的な月を見ることが出来た事に感謝の思いをおくりました。
ここメイン州は、森と湖の大自然が溢れる所です。圧倒的な大自然を前に毎日を暮らしていると、細胞レベルで本来持つ野生の部分というか、自然の一部である人間の部分が目を覚ますのでしょうか、
「こういうことをした方がいい」
とか、
「こんなことが出来たらいい」
とか、
色々あれやこれや考えていたことが、何だか薄ぼんやりしてきます。
「いるだけでいいや」
ゆったり自然の流れに任せて、自分の中の流れを信頼して任せていればいい、っていう思いが勝手に頭の中を占領していきます。
日本にいると時間がはやく流れるし、皆んな勤勉でそれはそれで素晴らしいのだけど、やっぱりちょっと頑張りすぎなのかな、と思ってしまいました。
でも本当は、都会にいても田舎にいても、自分の中の本当の自分としっかりつながってそれを信頼しきって生きていれば、
自然の流れに乗って肩に力を入れずともゆったり生きていけるんだろうな…。
いやいや、そうやって生きて行けそうな気がするぞ…。
そんなことを思う2015年9月28日の皆既月食でした。
皆さんはどのように過ごされましたか?
日本は昼間で観れなかったそうなので、シェアさせていただきました。

明日、アメリカに発ちます。

明日、アメリカに発ちます!

今回の目的は、

孫の一歳の誕生日祝いと長女の大学院学校見学。そして、私が楽しみにしていたアプレジャー研究所主催「頭蓋仙骨療法」の上級クラスの講習会に参加することです。

アメリカで講習会を受けるのは久しぶりであり、この講習会はノースキャロライナ州で障がい児達へ頭蓋仙骨療法を用いて素晴らしい成果と実績をあげれている先生の治療法を学ぶためです。
彼は以前 、頭蓋仙骨療法の世界的第一人者 Dr. アプレジャー とクリニックで子どもたちの治療をされていた、多くの経験・実績のある方で、今はノースキャロライナでご自身のセンターを開いて治療活動をされています。
( Tad Wanveer先生 : carycentercst.com )

内容は、脳内のグリア細胞( 脳、脊髄細胞の80%以上を占めるもので、ちなみに脳神経は20%ほどしかないらしいのです) へ頭蓋仙骨療法でアプローチしていくというものです。

特に効果が期待出来る症状は、発達障害、てんかん発作、脳性麻痺、神経変性の疾病、慢性痛、脊髄トラウマ、外傷性の脳障がい、脅迫心配症・・・

これからさらに多くの子どもたちへの手助けができると思います。

さらにパワーアップして帰って来ますので、楽しみに待っていてくださいね。