何故、今、助産婦なのか‼️

現在、奈良で「頭蓋仙骨療法」を基軸に治療活動をしていますが、私の施術の9割以上が、全国各地(南は沖縄、北は北海道)から来られる、何らかの発達に遅れや困りごとを持ったお子さんです。
ご家族には必ず事前に質問表に記入いたいています。
妊娠中の経過、出産場所と出産方法、産後の経過、授乳方法、食事・離乳食、赤ちゃんの時のいろいろな問題事項と、それに対していままでどのような専門機関にかかっていたか等々・・。
それらのデータからわかったことは、ほとんどのこどもたちが、乳児期、幼児期に何らかの不具合・トラブルを複数抱えていたということです
助産婦のみなさんなら、妊娠中〜新生児〜幼児の3歳までは、普通のどんな方々よりも検診や相談等で関わる機会が多いと思われます。
身体を緊張して反っていた、斜頸があった、ずっと泣き止まなず下に置けない、眠りが浅い、吸啜が弱い、よくもどす、目を合わせない、体重が増えない・増えすぎて動けない、いつもビクビクで過敏すぎる、原始反射がいつまでも残っている、頭の形が絶壁・いびつ、首が座らない、うつ伏せを嫌う、変則的な這い方をしている、シャフリングでの移動をしている、這わずにつかまり立ちをしだす、落ち着かない、言葉が遅い、奇声を発する、友達となじめなずよく叩く、ひとつのものに固執する、いつも斜め見する、斜視がある、階段を怖がる、ひとりでぐるぐる回っている、食べ物をこぼす、偏食がある、聴覚・感覚過敏がある、多動……。』
現場でも以上のような症状のある赤ちゃん、こども達を見かけたことがあるはずです。
助産婦の直感、直観、経験で「これは何かありそうだぞ‼️」と気づいた時に何らかの手当てを適切に施していれば解消できるものばかり…でした。
そのうち良くなるから……様子を見ていましょう」の様な経過観察的・先送りでは、何の解決にもならずさらに二次的なトラブルを呼び込んでしまうことになりかねません。
そして数ヶ月、数年後、骨格的な問題からさらに中枢神経的な問題へと移行して、いろいろな困りごととして表出してきたのです。
最近、この様なケースのこども達が非常に多くなってきたように思えるのは私だけではないはずです。
 学校でもグレーゾーンの子どもたちが増えて先生方もその対処に四苦八苦しているようです。
こども達がまだ小さいうちに、ほんの小さな異変・異常を発見し、適切に対処できていたら、
近い将来抱え込まずにすむ障がいを、水際でくい止めることができる」と私は信じています。
頭蓋仙骨療法は、骨格的、中枢神経系の構造的、生理的な変異・癒着・ストレス・エネルギーシスト(エネルギーの塊)を誘導、解放させて、本来持っているあるべき機能を呼び起こし改善させ成長発達を助けていくことができます。
専門的な知識と経験をお持ちの「現場で活躍されている助産婦さん方」が、目の前の赤ちゃん達の諸問題を少しでも早期に改善できる様になれば、日本の子どもたちは救われます‼️
私の講習会の対象者は、
日本の明るい未来を切り開く礎になっていかれる助産婦さんに限定しました。
整体師や他の療法(鍼灸など)をされている方からも受講希望がありますし、「先生バカですね!出来るだけたくさんの人を集めた方がその分収入も上がるでしょ!」とたくさんの方々からお叱りの声をいただきますが、
生まれてきた赤ちゃん達の苦痛を救えるのは直ぐに手を差し伸べられる助産婦さん方しかいません‼️
講習会に参加された助産婦さんは、講習会がまだ終わらないうちに「反っくり返って泣き叫んでいるあの赤ちゃんにすぐにでも手を当ててあげたい」と早く現場に戻りたい!と口々に言われます。
そのように明日から直ぐに実行してくれる人熱いハートをもった助産婦さんに、私は私の持つすべての経験と知識とエネルギーを捧げたいと思っています。
私はその準備が整っています。
どうぞ受け取りに来てください。
たなこころ C.S.T.こども機能発達センター
代表  藤牧経乘

「嫉妬」は近未来の自分!?

4月新学期です。今までとお友達や環境が変わり戸惑っているお子さんも少なくありません。

先日、私どもの「藤牧式・パーソナル ホームプログラム」(=そのお子さんおひとり向けの成長発達プログラム)を実施されているお子さんのお母さんから連絡が来ました。

「今週から2年生としての学校生活がスタートしました。支援級に新一年生が加わり、去年とはまた違った教室の雰囲気となりそうです。その1年生は読み書きが得意で、その子がスラスラ読み書きをしている姿を目の当たりにして、羨ましさや悔しさといったマイナスの気持ちが〇〇の言葉の節々に感じられ、私も何だかとても切ない気持ちになってしまいます。」

私はこの文章を読んで、先ずは、「やったー!!〇〇君すごいよ~!!」とガッツポーズしました。それは、彼が「羨ましい」「悔しい」という気持ちを持ったから。

でも、どうやら家族でどよ~んと切ない気持ちに包まれているみたいなので、すかさず連絡しました。

「「羨ましい」「悔しい」は近未来の〇〇君の姿ですよ。自分のなりたい姿が目の前にある。でもまだ少しだけ距離があって手に届かないから「悔しい」という感情が出てくるのです。彼の本当の心の望みだから心が反応するのです。

彼の中の「命の力」がふつふつと湧きあがってその様な感情が立ち上がってきたのです。すごいことですよ!

だから、◯◯君に「悔しい」気持ちが芽生えたのは、成長の証ですよ。切ない気持ちになってる場合じゃないですよ~!」と。

例えば、スケートの羽生選手を見てカッコイイなと思っても「悔しい」という感情は普通は湧きませんね。だって、氷上でクルクル回ったり飛んだりなんて自分には出来っこないと思っていますから。

でも彼と王座を争っている上位のスケート選手達は、羽生選手が素晴らしい演技を見せたら「悔しい」という感情が出てくるはずです。なぜなら自分の手の届きそうな距離にいるから。

「感情」ってその中にどっぷり漬かって呑み込まれてしまうと苦しくなってしまいますが、実は、「心」のセンサーでもあるのです。「心」が揺さぶられて何らかの「感情」が湧き上がる時、それは「心」が何かに反応して、「本当の心の望み」を浮かび上がらせてくれているのです。

「感情」って振り回されると面倒くさいものですが、そんな風に捉えてみると「自分を知る」きっかけにもなる素晴らしいものですね。

子どもたちは大いに泣いて、笑って、怒って、毎日を彩り鮮やかに生きています。そんな彼らを温かい目で見守っていきたいものです。

 

ヒトの進化する順番って⁉️

みなさんこんにちは。

たなこころC.S.T.こども機能開発センター の藤牧経乘です。

今日は、ヒトの進化していく順番がいかに大切か‼️ という事をお話いたします。

そこで、こんなテーマから入っていきます。

『 個体発生は系統発生を繰り返す ⁉️ 』です。

私のキャリアのスタートは、

米国・フィラデルフィアの脳障害機能回復研究の世界的権威である

ドーマン博士の研究所で障がい児・者と寝食を共にした4年弱の研究生活に始まります。

研究所では、

私は「個体発生は系統発生を繰り返す」という原理に基づく

脳の発達のメカニズムとその機能について、

それこそアスリート並みの運動訓練を行いながら 毎日、実践研究に明け暮れました。

「個体発生…」とは、

ひとつの種はその進化をしてきた過程に沿って成長・発達する。 という意味ですが。

わかりやすく言いますと、

ヒトは受精した卵が細胞分裂・進化していく過程で、

受精後32日目に魚類に変身し、

34日目に両生類に、

36日目に爬虫類へ、

38日目には哺乳類に進化していき、

70日目には赤ちゃんの面影が現れてきます。

そして、受精後約280日ほどで、ヒトの種の赤ちゃんとしてこの世に誕生して来ます。

この過程(280日間 : 十月十日)は、

進化の過程では、

約28~30億年程の考えられないほどの月日が流れているといわれています。

それじゃあ、ヒトの1日、1秒は

何年の年数が経っているのかな⁉️ (計算してみて下さい)

ひとつひとつの脳のレベル・段階( 脊髄・延髄、脳橋、中脳、間脳、大脳皮質 )に備わっている、

正しい運動 ・動作 = 波動・リズム・振動数 を、

人類は生まれながらにして既に持ってきていて、

出産と同時に赤ちゃんたちは、

初めて体験する「重力」の環境の中を

自力で身体を動かしながら、 五感を刺激して、

それぞれ脳のパターン・運動・波動・振動数を経験していくことで、

脳幹部( 脊髄、延髄、脳橋、中脳 )の成熟度が増して、

それと繋がっている 小脳 と共に成長発達していき、

大脳からの指令をスムーズにするための道すじ(神経細胞:ニューロン、シナプスやグリア細胞)の

基礎固めをしていきます。

さらに、

上部の間脳( 大脳と脳幹の間に位置していて、情報の中継地点。視床、視床上部、視床下部で構成 )

から最高部の大脳皮質へと繋がっていく神経細胞を構築していく道すじが

既に脳の中にはプログラミングされているのです。

赤ちゃんの時期は「 下部の脳から上部の脳への発達 」が主で、

特に「運動」を通じて、感覚系を刺激していく方法を取っていきますが、

赤ちゃんには、

魚の時期の運動 ( 胴体運動 ) →

両生類の時期の運動 ( 同側運動 ) →

爬虫類の時期の運動 ( 交叉運動 ) →

哺乳類の時期の運動 ( 直立・歩行 )…等の「運動」を脳の発達の過程に沿って

下のレベルの脳から「順番」に消化・成熟してくる事がとても大切になってきます。

人の赤ちゃんが

床の上でモゾモゾ身体を動かしている頃から、

立って歩き出すまでに 約1年が必要ですよね。

それが進化の過程では、

魚類が水中を身体をくねらせて泳ぐ動きから、

哺乳類が立って歩き出すまでにかかる時間は、

約4億年の長~~い月日がかかっています。

そごいですよね‼️

赤ちゃんの1日は一体、何年分の進化しているのかな⁉️

(これも計算して見てください)

ですから、

赤ちゃんのひとつひとつの動作・運動・振動数・リズム( 腹ばい の振動数→ 四つ這い の振動数→

伝え歩き の振動数→ よちよち歩き の振動数→歩行運動の振動数・・) が、

中枢神経系(脊髄・脳)の神経細胞の成長発達にはとても大切になってくるという事は誰が見ても

明確かと思います。

最近の住宅事情で

狭い部屋にはいろいろな家具が溢れていて、

赤ちゃんが畳や床の上でハイハイ出来るスペースが無くなり、

ベビーベッドで寝かされたままでいる。

ある時ベッドのふち、またはテーブルにつかまって

ハイハイをすることなく

また変則的なハイハイをして立ちあがっていた。

というようなケースもちらほら助産婦さん方から耳に入ってきます。

ある子育て雑誌に、

有名なスターがあかちゃんを上からバネの紐で吊るした丸椅子に座らせ、

足が床に着くと反射で屈伸しながら上下にバウンシングして赤ちゃんが喜ぶのを、

親も手を叩いて見ている・・・という写真を見ました!

ヒェ~~‼️ と背筋が冷え~と凍りました。

むかしアメリカで流行っていたもので、ある玩具会社が紹介していたものです。

このあかちゃんは面白いから何度も何度も繰り返し挙げ句の果てに、

足が突っ張るようになってきて、立ち始めます。

ハイハイをしてこないですぐに立ち、歩き出してきたことで、

脳のあるところに未完成な部分がでて来る可能性があるようです。

ハイハイをしてこなかったということは、

視機能、感覚機能、三半規管にも影響していて、

転んだ時に手が出ない、

顔にものが飛んできた時に目を塞げない、

物の追視が苦手で両手遊びができない、

不器用で、集中力が無くじっとしていられない、

学校で板書ができない・・・という問題も起こりやすくなります。

ひとつのある脳の運動をしないで飛び越してくる、

変則的なハイハイのパターンの動きをしていた。

それは、脳のその部分が未成熟のまま大きくなって来るということです。

神経回路が充分に出来上がってきていないということにもなりかねません。

でもみなさん大丈夫です‼️ ‼️‼️

腹ばい、 四つ這いは、

歩き出している子ども達にも、

脳神経回路再構築させていくとても良いものですから、

遊びの中に取り入れて行かれる事をお勧めします。

今からでも間に合いますから是非、試してみてください‼️