何故、今、助産婦なのか‼️

現在、奈良で「頭蓋仙骨療法」を基軸に治療活動をしていますが、私の施術の9割以上が、全国各地(南は沖縄、北は北海道)から来られる、何らかの発達に遅れや困りごとを持ったお子さんです。
ご家族には必ず事前に質問表に記入いたいています。
妊娠中の経過、出産場所と出産方法、産後の経過、授乳方法、食事・離乳食、赤ちゃんの時のいろいろな問題事項と、それに対していままでどのような専門機関にかかっていたか等々・・。
それらのデータからわかったことは、ほとんどのこどもたちが、乳児期、幼児期に何らかの不具合・トラブルを複数抱えていたということです
助産婦のみなさんなら、妊娠中〜新生児〜幼児の3歳までは、普通のどんな方々よりも検診や相談等で関わる機会が多いと思われます。
身体を緊張して反っていた、斜頸があった、ずっと泣き止まなず下に置けない、眠りが浅い、吸啜が弱い、よくもどす、目を合わせない、体重が増えない・増えすぎて動けない、いつもビクビクで過敏すぎる、原始反射がいつまでも残っている、頭の形が絶壁・いびつ、首が座らない、うつ伏せを嫌う、変則的な這い方をしている、シャフリングでの移動をしている、這わずにつかまり立ちをしだす、落ち着かない、言葉が遅い、奇声を発する、友達となじめなずよく叩く、ひとつのものに固執する、いつも斜め見する、斜視がある、階段を怖がる、ひとりでぐるぐる回っている、食べ物をこぼす、偏食がある、聴覚・感覚過敏がある、多動……。』
現場でも以上のような症状のある赤ちゃん、こども達を見かけたことがあるはずです。
助産婦の直感、直観、経験で「これは何かありそうだぞ‼️」と気づいた時に何らかの手当てを適切に施していれば解消できるものばかり…でした。
そのうち良くなるから……様子を見ていましょう」の様な経過観察的・先送りでは、何の解決にもならずさらに二次的なトラブルを呼び込んでしまうことになりかねません。
そして数ヶ月、数年後、骨格的な問題からさらに中枢神経的な問題へと移行して、いろいろな困りごととして表出してきたのです。
最近、この様なケースのこども達が非常に多くなってきたように思えるのは私だけではないはずです。
 学校でもグレーゾーンの子どもたちが増えて先生方もその対処に四苦八苦しているようです。
こども達がまだ小さいうちに、ほんの小さな異変・異常を発見し、適切に対処できていたら、
近い将来抱え込まずにすむ障がいを、水際でくい止めることができる」と私は信じています。
頭蓋仙骨療法は、骨格的、中枢神経系の構造的、生理的な変異・癒着・ストレス・エネルギーシスト(エネルギーの塊)を誘導、解放させて、本来持っているあるべき機能を呼び起こし改善させ成長発達を助けていくことができます。
専門的な知識と経験をお持ちの「現場で活躍されている助産婦さん方」が、目の前の赤ちゃん達の諸問題を少しでも早期に改善できる様になれば、日本の子どもたちは救われます‼️
私の講習会の対象者は、
日本の明るい未来を切り開く礎になっていかれる助産婦さんに限定しました。
生まれてきた赤ちゃん達の苦痛を救えるのは直ぐに手を差し伸べられる助産婦さん方しかいません‼️
講習会に参加された助産婦さんは、講習会がまだ終わらないうちに「反っくり返って泣き叫んでいるあの赤ちゃんにすぐにでも手を当ててあげたい」と早く現場に戻りたい!と口々に言われます。
そのように明日から直ぐに実行してくれる人熱いハートをもった助産婦さんに、私は私の持つすべての経験と知識とエネルギーを捧げたいと思っています。
私はその準備が整っています。
どうぞ受け取りに来てください。
たなこころ C.S.T.こども機能発達センター
代表  藤牧経乘

「嫉妬」は近未来の自分!?

4月新学期です。今までとお友達や環境が変わり戸惑っているお子さんも少なくありません。

先日、私どもの「藤牧式・パーソナル ホームプログラム」(=そのお子さんおひとり向けの成長発達プログラム)を実施されているお子さんのお母さんから連絡が来ました。

「今週から2年生としての学校生活がスタートしました。支援級に新一年生が加わり、去年とはまた違った教室の雰囲気となりそうです。その1年生は読み書きが得意で、その子がスラスラ読み書きをしている姿を目の当たりにして、羨ましさや悔しさといったマイナスの気持ちが〇〇の言葉の節々に感じられ、私も何だかとても切ない気持ちになってしまいます。」

私はこの文章を読んで、先ずは、「やったー!!〇〇君すごいよ~!!」とガッツポーズしました。それは、彼が「羨ましい」「悔しい」という気持ちを持ったから。

でも、どうやら家族でどよ~んと切ない気持ちに包まれているみたいなので、すかさず連絡しました。

「「羨ましい」「悔しい」は近未来の〇〇君の姿ですよ。自分のなりたい姿が目の前にある。でもまだ少しだけ距離があって手に届かないから「悔しい」という感情が出てくるのです。彼の本当の心の望みだから心が反応するのです。

彼の中の「命の力」がふつふつと湧きあがってその様な感情が立ち上がってきたのです。すごいことですよ!

だから、◯◯君に「悔しい」気持ちが芽生えたのは、成長の証ですよ。切ない気持ちになってる場合じゃないですよ~!」と。

例えば、スケートの羽生選手を見てカッコイイなと思っても「悔しい」という感情は普通は湧きませんね。だって、氷上でクルクル回ったり飛んだりなんて自分には出来っこないと思っていますから。

でも彼と王座を争っている上位のスケート選手達は、羽生選手が素晴らしい演技を見せたら「悔しい」という感情が出てくるはずです。なぜなら自分の手の届きそうな距離にいるから。

「感情」ってその中にどっぷり漬かって呑み込まれてしまうと苦しくなってしまいますが、実は、「心」のセンサーでもあるのです。「心」が揺さぶられて何らかの「感情」が湧き上がる時、それは「心」が何かに反応して、「本当の心の望み」を浮かび上がらせてくれているのです。

「感情」って振り回されると面倒くさいものですが、そんな風に捉えてみると「自分を知る」きっかけにもなる素晴らしいものですね。

子どもたちは大いに泣いて、笑って、怒って、毎日を彩り鮮やかに生きています。そんな彼らを温かい目で見守っていきたいものです。

 

シャフリングベイビー⁉️

みなさんこんにちは。

『シャフリングベイビー ⁉️ 』聞き慣れない言葉ですね。

赤ちゃんが座った状態でいざってジャンプするように前進することを「シャフリング」というらしいのです。

最近、この様に移動する赤ちゃんたちが増えていると助産婦さん方から話を聞きます。

 

この様な移動では将来の子どもの脳の成長発達にあまり良い影響を与え無いのでは?と私は最近心配しています。

 

私たち人間もヒトという動物の一種です。ヒトとして生きていくために遺伝子にくっきりと成長していくプロセスのスイッチが組み込まれています。ヒトは馬や牛のように生まれて短時間の間に親と同じように立って動くことが出来ませんね。ヒトは生まれてから立って歩き出すまでに約1年の時間を必要とします。

その時間はヒトが動物として生きていくためにとても大切な期間なのです。つまりは「脳」を育てるための大切な時間です。その期間に遺伝子レベルで組み込まれている動きを順番に経験していって、その運動が刺激となって脳、特に脳幹部を成長させるのです。

だから赤ちゃんたちは一生懸命、腹這いしたり、四つん這いで移動したりとその時期時期で運動の形態が変わっていきます。遺伝子のスイッチを次々と押していっているのです。

その順番もちゃんと遺伝子レベルで組み込まれています。

進化の過程・運動に従って発達していかないと、近い将来にいろいろな困りごとが出て来る可能性が大きいという事が、世界の子どもたちを見て来た私の35年以上の研究、成果実績からわかってきました。

 

それは『個体発生は系統発生を繰り返す』という原理に基づいています。

ヒトはお母さんのお腹の中で十月十日(280日)して誕生して来ます。

この月日は進化の時間軸では、28~30億年も費やしていると言われています。

よく話でもお聞きになることがあると思いますが、

魚類 → 両生類 → 爬虫類 → 哺乳類 →ヒトという進化をお腹の中で成長してきます。

誕生後、赤ちゃんたちは初めて体感する重力の中で、

系統発生的に魚類 → 両生類 → 爬虫類 → 哺乳類 の秩序ある運動・動きをして中枢を成長発達させてきます。

特に、人の脳幹部( 脊髄・延髄(魚類) → 脳橋(両生類) →  中脳(爬虫類) ) には、大切な進化の法則・決まり事・秩序があります。

中枢は先ず、下部の脳から上部の脳への成長発達をしていきます。

つまり脳幹部から辺縁系、間脳、そして大脳皮質へと成長発達していきます。

 

お腹を床につけての這い這い( 腹ばい ) → 四つ這い(膝をつけて)をしてこないまま飛び越してすぐにつかまり立ちをしたり、私が問題視しているシャフリング での移動をしていると、

⚫︎ 脳幹部の 脳神経回路(シナプス、グリア細胞)の未発達部分が起きてきます。

 

脳幹部がなぜ大切かというと、

⚫︎12の脳神経のうちのほとんどの核が脳幹部から発している。

⚫︎ 赤ちゃんが持っている原始反射も脳幹部に依存している。

脳幹部の未発達が、将来の子どもの成長発達の問題に影響を与える可能性があるのです。

 

 

腹ばい、四つ這いが出来ない、してこなかった子どもは、前庭器管や自己受容器の未発達のため体幹が弱く、以下のようないくつかの特徴があります。

⚫︎言語が遅い

⚫︎視機能欠陥( 目の収束が出来ない、顔を斜めにして物をみる、斜視がある、追視が出来ない、本読みが苦手 、字を飛ばして読む、絵や文字を書くのが苦手、マス目からはみ出す、ハサミが苦手、板書ができない、よくつまづく、階段を怖がる、歩き方がぎこちない……)

⚫︎椅子にじっと座っていられない、先生の話や指示が聞けない、理解が遅い、わからない

⚫︎授業中椅子からずり落ちてしまう

⚫︎ボールが上手くキャッチできない、投げられない

⚫︎ボディーマップ(自分の手足肘膝の認識)が把握されていないためによく転んだり、ぶつかったりする…………等の

多くの困りごとが出てきます。

 

年齢が大きくなってから目立つ困りごとの数々は、たどっていくと赤ちゃんの時期の「ヒト」としての成長を促す運動(腹這い・高這い等)のインプットの足りなさや未充実の影響が大きいのです。

 

お母さん達は、自分の子どもの発達を「何となくおかしい?上の兄弟たちとちょっと違う?」と母親の直観で気づいているケースが多いのですが、

多くの療育や発達の専門家に診せても、「しばらく様子を見ましょう」と経過観察を言い渡されるので、お母さん達は何となく違和感と不安を抱えながらもそのまま時間だけが過ぎていってしまい、

子どもたちの困りごとがはっきりと明らかになり、診断がおりる頃は、就学を迎える時期や小学校入学を済ませた頃になり、本人たちが学習面やお友達との関係で困っているというケースが本当に多いです。

子どもたちのかけがえのない時間は決して帰って来ません。

子どもたちが本来持っている本当の能力を発揮して、イキイキとその子の命の輝きを持って生きていくために、赤ちゃんの時期はとてもとても大切です。

これを読んでいるお母さん!赤ちゃんにはたくさん腹這いや高這いをさせてあげてくださいね。歩行器に入れっぱなしだと、腹這い・高這いをする機会を失って脳幹部のシナプスを充実させる機会まで失いかねないですから!

そして、大きくなった子どもでもまだまだ脳幹部が成長発達する余地は十分にありますから、ご心配なく!本来の能力を開花させ伸ばすことによって、その子らしく楽しく毎日を過ごしていけることが出来ます!

これについてはまた別記事でお伝えしたいと思います。

 

 

マッキー