大好評!毎回満員御礼!「赤ちゃん発達講座」 @バースハーモニー助産院・全4回シリーズ終了しました!

たなこころC.S.T.こども機能発達センターの藤牧仁子です。

本年3月から4回シリーズでスタートした「赤ちゃん発達講座」が、12/11の第4回目(最終回)をもって終了しました。

この講座はの主催は、古くから代表の藤牧から頭蓋仙骨療法を学んでくださっているバースハーモニー助産院(横浜市・青葉区)の齋藤純子先生。

このバースハーモニー助産院は、我がサロンと同じ生体活性化リフォームを施されており、家の全ての素材はもちろん有害物質ゼロの天然自然素材のものだけです。ベッドや分娩台にも大量の炭と生体セラミックが仕込まれているので遠赤外線効果で身体の芯から温まり、自己免疫力がグンとアップします。そんなところで赤ちゃん産めたら最高~♡ですね♪

バースハーモニー助産院と齋藤純子先生のお話をし出したらきりが無いので、また詳細は別の機会にするとして、

さて、本題は「赤ちゃん発達講座」ですね!

藤牧は、1990年頭蓋仙骨療法を本場米国で習得し、メイン州公認のセラピストとして活躍してきた頭蓋仙骨療法の第一人者でありますが、

キャリアのスタートは、日本の大学を卒業後すぐに、アメリカ・フィラデルフィアにある脳機能改善のための専門研究機関「The Institutes for the Achievement of Human Potential(ドーマン研究所)で、39年前に日本人スタッフとして脳の発達過程や機能改善のためのプログラムの研究生活を送ったことに始まり、脳機能研究の専門家でもあります。

日本の既存の行政の療育センターや小児科で行われる発達検査の考え方とは違い、

「個体発生は系統発生を繰返す」

「機能が構造を決定する」という原理に基づき、生物の進化過程から脳の発達をみていくというものです。

この「赤ちゃん発達講座」に、参加したのはママ&ベビーちゃん達だけではありません。たくさんの現役の助産婦さん達も遠くは鹿児島、福岡、大阪からも参加されました。

img_3370

 

img_5198

1回目の時には、まだ腹這い(ずりバイ)も出来ずよくぐずっていた赤ちゃんが、回を追うごとに腹這い(ずりバイ)⇒高這い(四つんバイ)を順調に段階を踏んで上達していき、最終回4回目には、上手によちよち歩きをし、大きなお声も出ていました。

うにゅうにゅ手足をばたつかせている~うつ伏せで首を上げ始めた~お腹をつけてずりずりと腹這いを始めた~四つ足になって高這いを始めた~・・etc その時々にいろんな動きをしながら、赤ちゃん達はその時期にその動きを司るそれぞれの箇所の脳シナプスを爆発的な勢いで成長発達させています。

赤ちゃんが生まれてから立ち上がるまで、約一年の時間を必要とします。他の野生の動物のほとんどは親と同じようにすぐに立ち上がって歩きますね。

人間の赤ちゃんは立ち上がるまでのこの約一年で、「脳」特に「脳幹部」を発達、充実させているのです。

詳しくは、マッキー先生の過去記事に詳しく書かれていますから、ご参照くださいね。

https://wordpress.com/post/tanacocolocst.org/6376「母子手帳に大切なことが書かれていない!!」

https://wordpress.com/post/tanacocolocst.org/1428「シャフリングベイビー!?」

https://wordpress.com/post/tanacocolocst.org/6486「日本の子どもたちが危ない!」

 

img_5204

以下は、参加された助産婦さんからの感想です。

『赤ちゃんの発達講座をうけて、なにより感じたのはうつぶせ遊び、ずりばい、たかばいの大切さをお母さんたちに伝えなければ!という使命感です。

そして講座の後に実践での個別相談で実際にマッキー先生のサポートで赤ちゃんの動きが劇的に変わる瞬間をみれたことは大きかったです。~中略~

ちゃんと丁寧に説明してから○○○をするマッキー先生。
そしてマッキー先生からはケラケラ笑いながら○○○する赤ちゃん。
一方、不安げなお父さん○○○をするとギャーギャー泣く赤ちゃん。
これか!
やる人の不安がこんなにも赤ちゃんに伝わるのかと実感です。
そして、講座を学んでいくなかで心から赤ちゃんは天才だと感じました。』

赤ちゃん発達講座、全部の回を参加させていただきました。最初は2.3ヶ月だった赤ちゃんが回数を重ねるたびにできることも増えていき、赤ちゃんの成長と共に講座を受けることができたことで、さらに理解を深めることができました。機会を与えてあげること、少しサポートしてあげることでもともと持っている力が引き出されることがよくわかりました。

私自身、2人の子どもの子育て中ですが、今回教えていただいた知識は全く聞いたことがありませんでした。(2人が赤ちゃんの時に知りたかった‼︎)

親がはいはいの重要性を知っているのといないのでは、赤ちゃんの今後の人生が大きく変わっていくのではないかと思います。早速、私も自分が関わるママと赤ちゃんにその重要性を伝えるようにしていますが、さらに理解を深めるべくもっともっと学んでいきたいと思っています!』

現場の専門家の助産婦さん達も目から鱗!全国から学びに来る講座です。

 

 

来年もバースハーモニー助産院で開催することが決定しました。

人気の講座ですぐに満員になるので、お申込みはお早めに!

バースハーモニー助産院 お申込み先⇒ https://www.birth-harmony.com/school.html

 

(助産婦さんのお申込みは、私どもの「藤牧式・頭蓋仙骨療法/助産婦専門コース」を受講されている方のみ参加資格があり、募集は別の方法で行います。)

 

来年もたくさんの赤ちゃん達の成長を一年間、一緒に見守ることが出来るなんて最高にワクワクしています!楽しみ過ぎる~!!!

待っててね。赤ちゃん❣

 

img_5205

シャフリングベイビー⁉️

みなさんこんにちは。

『シャフリングベイビー ⁉️ 』聞き慣れない言葉ですね。

赤ちゃんが座った状態でいざってジャンプするように前進することを「シャフリング」というらしいのです。

最近、この様に移動する赤ちゃんたちが増えていると助産婦さん方から話を聞きます。

 

この様な移動では将来の子どもの脳の成長発達にあまり良い影響を与え無いのでは?と私は最近心配しています。

 

私たち人間もヒトという動物の一種です。ヒトとして生きていくために遺伝子にくっきりと成長していくプロセスのスイッチが組み込まれています。ヒトは馬や牛のように生まれて短時間の間に親と同じように立って動くことが出来ませんね。ヒトは生まれてから立って歩き出すまでに約1年の時間を必要とします。

その時間はヒトが動物として生きていくためにとても大切な期間なのです。つまりは「脳」を育てるための大切な時間です。その期間に遺伝子レベルで組み込まれている動きを順番に経験していって、その運動が刺激となって脳、特に脳幹部を成長させるのです。

だから赤ちゃんたちは一生懸命、腹這いしたり、四つん這いで移動したりとその時期時期で運動の形態が変わっていきます。遺伝子のスイッチを次々と押していっているのです。

その順番もちゃんと遺伝子レベルで組み込まれています。

進化の過程・運動に従って発達していかないと、近い将来にいろいろな困りごとが出て来る可能性が大きいという事が、世界の子どもたちを見て来た私の35年以上の研究、成果実績からわかってきました。

 

それは『個体発生は系統発生を繰り返す』という原理に基づいています。

ヒトはお母さんのお腹の中で十月十日(280日)して誕生して来ます。

この月日は進化の時間軸では、28~30億年も費やしていると言われています。

よく話でもお聞きになることがあると思いますが、

魚類 → 両生類 → 爬虫類 → 哺乳類 →ヒトという進化をお腹の中で成長してきます。

誕生後、赤ちゃんたちは初めて体感する重力の中で、

系統発生的に魚類 → 両生類 → 爬虫類 → 哺乳類 の秩序ある運動・動きをして中枢を成長発達させてきます。

特に、人の脳幹部( 脊髄・延髄(魚類) → 脳橋(両生類) →  中脳(爬虫類) ) には、大切な進化の法則・決まり事・秩序があります。

中枢は先ず、下部の脳から上部の脳への成長発達をしていきます。

つまり脳幹部から辺縁系、間脳、そして大脳皮質へと成長発達していきます。

 

お腹を床につけての這い這い( 腹ばい ) → 四つ這い(膝をつけて)をしてこないまま飛び越してすぐにつかまり立ちをしたり、私が問題視しているシャフリング での移動をしていると、

⚫︎ 脳幹部の 脳神経回路(シナプス、グリア細胞)の未発達部分が起きてきます。

 

脳幹部がなぜ大切かというと、

⚫︎12の脳神経のうちのほとんどの核が脳幹部から発している。

⚫︎ 赤ちゃんが持っている原始反射も脳幹部に依存している。

脳幹部の未発達が、将来の子どもの成長発達の問題に影響を与える可能性があるのです。

 

 

腹ばい、四つ這いが出来ない、してこなかった子どもは、前庭器管や自己受容器の未発達のため体幹が弱く、以下のようないくつかの特徴があります。

⚫︎言語が遅い

⚫︎視機能欠陥( 目の収束が出来ない、顔を斜めにして物をみる、斜視がある、追視が出来ない、本読みが苦手 、字を飛ばして読む、絵や文字を書くのが苦手、マス目からはみ出す、ハサミが苦手、板書ができない、よくつまづく、階段を怖がる、歩き方がぎこちない……)

⚫︎椅子にじっと座っていられない、先生の話や指示が聞けない、理解が遅い、わからない

⚫︎授業中椅子からずり落ちてしまう

⚫︎ボールが上手くキャッチできない、投げられない

⚫︎ボディーマップ(自分の手足肘膝の認識)が把握されていないためによく転んだり、ぶつかったりする…………等の

多くの困りごとが出てきます。

 

年齢が大きくなってから目立つ困りごとの数々は、たどっていくと赤ちゃんの時期の「ヒト」としての成長を促す運動(腹這い・高這い等)のインプットの足りなさや未充実の影響が大きいのです。

 

お母さん達は、自分の子どもの発達を「何となくおかしい?上の兄弟たちとちょっと違う?」と母親の直観で気づいているケースが多いのですが、

多くの療育や発達の専門家に診せても、「しばらく様子を見ましょう」と経過観察を言い渡されるので、お母さん達は何となく違和感と不安を抱えながらもそのまま時間だけが過ぎていってしまい、

子どもたちの困りごとがはっきりと明らかになり、診断がおりる頃は、就学を迎える時期や小学校入学を済ませた頃になり、本人たちが学習面やお友達との関係で困っているというケースが本当に多いです。

子どもたちのかけがえのない時間は決して帰って来ません。

子どもたちが本来持っている本当の能力を発揮して、イキイキとその子の命の輝きを持って生きていくために、赤ちゃんの時期はとてもとても大切です。

これを読んでいるお母さん!赤ちゃんにはたくさん腹這いや高這いをさせてあげてくださいね。歩行器に入れっぱなしだと、腹這い・高這いをする機会を失って脳幹部のシナプスを充実させる機会まで失いかねないですから!

そして、大きくなった子どもでもまだまだ脳幹部が成長発達する余地は十分にありますから、ご心配なく!本来の能力を開花させ伸ばすことによって、その子らしく楽しく毎日を過ごしていけることが出来ます!

これについてはまた別記事でお伝えしたいと思います。

 

 

マッキー

 

 

 

 

「靴の履き方」で 人生が変わる!?

みなさんこんにちは。

たなこころC.S.T.こども機能開発センターの藤牧経乘です。

今日は、「靴の履き方」についてです。

職業柄、街を歩いている時や出張先の駅や空港での待合時間中などで、

目の前を通る方の靴の状態、履き方、歩き方に無意識のうちに目がいってしまいます。

靴が身体に合っていないせいでご苦労されているのではないだろうか、と思う方々、

とくに小さいお子さんの姿がとても多く目に入ってきます。

施術後、私はいつもみなさんの靴底の減り方の癖をチェックして

靴の正しい履き方を指導しています。

施術により身体が緩み自分で整っていこうとする過程で、

今迄履いていた靴 :

底がすり減っている。

中心がずれている。

着脱が楽という理由で足に合っていない大きい靴を履いていたり、

そのような靴で歩いたり走り回っていたら、

また元の捻れた身体に逆戻りするのは時間の問題だからです。

足は身体の土台となり身体全体を支えてくれています。

家の土台と全く同じです。

最近、土台となる杭に手抜きをしたマンションが傾いて来た! というニュースがありましたが、

みなさんそんな家は危険で安心して住むことは出来ませんよね。

特に「踵」はとても大事なポイントとなり、

脳の脳幹部や小脳、大脳基底部とも密接に関係しているのです。

ですから、年齢の小さいうちに踵の感覚、中心をしっかり身体に体感させていると、

それからの成長、発達に大~~~~きな違いが出てきます。

羽生君がバルセロナでフィギアスケートの超人的な演技をしましたね❗️
世界中が度肝を抜かしました❗️ 涙が出ました‼️

一つには、小さい頃から踵と足首とをきちんと決めたスケートぐつを履いていたからでしょう。

「身体の軸」を 踵で合わることの出来る能力が

細胞に染み込んでいたからだと思われます。

だからと言って自分のお子さんにスケートを習わせる?

…は少し飛躍し過ぎかと思いますのでやめてください。

ですので、

正しい靴の履き方は、

お子さんに教える前にコーチ役のお母さんご自身が

率先して正しい習慣づけの姿を見せていかなければいけませんね。

毎日、時間をとって、ゆっくりと教えていくと、

必ずお子さんは正しい履き方を覚えます。

将来、その子はきっと何事も途中で諦めないで、

物事を自分で考えてやり遂げていける(羽生君のような) 、

自信と勇気が備わっていける人になるでしょう❗️

靴の履き方 : お子さんの場合

⚫︎ 玄関でちゃんと座わらせる。

⚫︎ 靴紐は緩めて、靴べらを使って踵を靴に入れる。

⚫︎ つま先を上に向け踵をトントン軽く床に打ち付けて、

しっかり隙間がないように踵を靴の中に収める。

⚫︎ 靴のベロをちゃんと引き出し足の甲に当てる。

⚫︎ 甲の部分の遊びを取るように両方からおさえて締める。

⚫︎ その固定した状態でベルトを上から締める。

この時、爪先から指半分ほどの隙間があるぐらいが良いと思います。

それ以上なら大き過ぎます。

靴が足にぴったりとフイットして、

靴の中で足が動きまわらなくなり、安定した歩行が出来るようになります。

歩くことで骨盤、背骨、頭蓋骨の可動域がつき身体全体が整っていきます。

大人の場合 : スニーカー、ウォーキングシューズ 対象

⚫︎ 玄関にはちゃんと座る。

⚫︎ 靴紐は緩めて、靴べらを使って踵を靴に入れる。

⚫︎ つま先を上に向け踵をトントン軽く床に打ち付けて、

しっかり隙間がないように踵を靴の中に収める。

⚫︎ 靴のベロをちゃんと引き出し足の甲に当てる。

⚫︎ 甲の部分の遊びを取るように両方からおさえて締める。

⚫︎ 下から3段目までの紐穴に、緩みがないようにしっかりと紐を締め上げていく。

⚫︎ 4段目から上は下3段が緩まないような力加減で締めていく。

⚫︎ 輪っかを作ったところに紐を通して、下に引くように締める。

⚫︎ 後は軽く蝶々結び二回して止める。

その状態で20~30分ほど歩くと、

血行が良くなりむくみが取れて足が細くなります。

そうすると靴の中で動いてしまうので踵をきちんと固定するために

最初から靴を締め直します。

この靴の履き方をお伝えして、

実際に実行された方は体質が改善され、

冷え症、むくみも取れ、足の形も綺麗な細い指に変わっていきます。

ふくらはぎの筋肉の静脈は、歩くたびに心臓のように血液を上に押し上げ、ポンプのような働きをしています。

同時に、左右の骨盤、仙骨、脊椎、頭蓋骨が8の字🔗の様に動きだし、それぞれの骨が連携し合い整ってきます。

自分の身体は毎日の生活の中の工夫でいくらでも改善出来ます。

どうぞお試しあれ❗️❗️

皆さんのご健康をお祈りしています。

ありがとうございました。

藤マッキー