大好評!毎回満員御礼!「赤ちゃん発達講座」 @バースハーモニー助産院・全4回シリーズ終了しました!

たなこころC.S.T.こども機能発達センターの藤牧仁子です。

本年3月から4回シリーズでスタートした「赤ちゃん発達講座」が、12/11の第4回目(最終回)をもって終了しました。

この講座はの主催は、古くから代表の藤牧から頭蓋仙骨療法を学んでくださっているバースハーモニー助産院(横浜市・青葉区)の齋藤純子先生。

このバースハーモニー助産院は、我がサロンと同じ生体活性化リフォームを施されており、家の全ての素材はもちろん有害物質ゼロの天然自然素材のものだけです。ベッドや分娩台にも大量の炭と生体セラミックが仕込まれているので遠赤外線効果で身体の芯から温まり、自己免疫力がグンとアップします。そんなところで赤ちゃん産めたら最高~♡ですね♪

バースハーモニー助産院と齋藤純子先生のお話をし出したらきりが無いので、また詳細は別の機会にするとして、

さて、本題は「赤ちゃん発達講座」ですね!

藤牧は、1990年頭蓋仙骨療法を本場米国で習得し、メイン州公認のセラピストとして活躍してきた頭蓋仙骨療法の第一人者でありますが、

キャリアのスタートは、日本の大学を卒業後すぐに、アメリカ・フィラデルフィアにある脳機能改善のための専門研究機関「The Institutes for the Achievement of Human Potential(ドーマン研究所)で、39年前に日本人スタッフとして脳の発達過程や機能改善のためのプログラムの研究生活を送ったことに始まり、脳機能研究の専門家でもあります。

日本の既存の行政の療育センターや小児科で行われる発達検査の考え方とは違い、

「個体発生は系統発生を繰返す」

「機能が構造を決定する」という原理に基づき、生物の進化過程から脳の発達をみていくというものです。

この「赤ちゃん発達講座」に、参加したのはママ&ベビーちゃん達だけではありません。たくさんの現役の助産婦さん達も遠くは鹿児島、福岡、大阪からも参加されました。

img_3370

 

img_5198

1回目の時には、まだ腹這い(ずりバイ)も出来ずよくぐずっていた赤ちゃんが、回を追うごとに腹這い(ずりバイ)⇒高這い(四つんバイ)を順調に段階を踏んで上達していき、最終回4回目には、上手によちよち歩きをし、大きなお声も出ていました。

うにゅうにゅ手足をばたつかせている~うつ伏せで首を上げ始めた~お腹をつけてずりずりと腹這いを始めた~四つ足になって高這いを始めた~・・etc その時々にいろんな動きをしながら、赤ちゃん達はその時期にその動きを司るそれぞれの箇所の脳シナプスを爆発的な勢いで成長発達させています。

赤ちゃんが生まれてから立ち上がるまで、約一年の時間を必要とします。他の野生の動物のほとんどは親と同じようにすぐに立ち上がって歩きますね。

人間の赤ちゃんは立ち上がるまでのこの約一年で、「脳」特に「脳幹部」を発達、充実させているのです。

詳しくは、マッキー先生の過去記事に詳しく書かれていますから、ご参照くださいね。

https://wordpress.com/post/tanacocolocst.org/6376「母子手帳に大切なことが書かれていない!!」

https://wordpress.com/post/tanacocolocst.org/1428「シャフリングベイビー!?」

https://wordpress.com/post/tanacocolocst.org/6486「日本の子どもたちが危ない!」

 

img_5204

以下は、参加された助産婦さんからの感想です。

『赤ちゃんの発達講座をうけて、なにより感じたのはうつぶせ遊び、ずりばい、たかばいの大切さをお母さんたちに伝えなければ!という使命感です。

そして講座の後に実践での個別相談で実際にマッキー先生のサポートで赤ちゃんの動きが劇的に変わる瞬間をみれたことは大きかったです。~中略~

ちゃんと丁寧に説明してから○○○をするマッキー先生。
そしてマッキー先生からはケラケラ笑いながら○○○する赤ちゃん。
一方、不安げなお父さん○○○をするとギャーギャー泣く赤ちゃん。
これか!
やる人の不安がこんなにも赤ちゃんに伝わるのかと実感です。
そして、講座を学んでいくなかで心から赤ちゃんは天才だと感じました。』

赤ちゃん発達講座、全部の回を参加させていただきました。最初は2.3ヶ月だった赤ちゃんが回数を重ねるたびにできることも増えていき、赤ちゃんの成長と共に講座を受けることができたことで、さらに理解を深めることができました。機会を与えてあげること、少しサポートしてあげることでもともと持っている力が引き出されることがよくわかりました。

私自身、2人の子どもの子育て中ですが、今回教えていただいた知識は全く聞いたことがありませんでした。(2人が赤ちゃんの時に知りたかった‼︎)

親がはいはいの重要性を知っているのといないのでは、赤ちゃんの今後の人生が大きく変わっていくのではないかと思います。早速、私も自分が関わるママと赤ちゃんにその重要性を伝えるようにしていますが、さらに理解を深めるべくもっともっと学んでいきたいと思っています!』

現場の専門家の助産婦さん達も目から鱗!全国から学びに来る講座です。

 

 

来年もバースハーモニー助産院で開催することが決定しました。

人気の講座ですぐに満員になるので、お申込みはお早めに!

バースハーモニー助産院 お申込み先⇒ https://www.birth-harmony.com/school.html

 

(助産婦さんのお申込みは、私どもの「藤牧式・頭蓋仙骨療法/助産婦専門コース」を受講されている方のみ参加資格があり、募集は別の方法で行います。)

 

来年もたくさんの赤ちゃん達の成長を一年間、一緒に見守ることが出来るなんて最高にワクワクしています!楽しみ過ぎる~!!!

待っててね。赤ちゃん❣

 

img_5205

藤牧式・頭蓋仙骨療法「助産婦専門コース・基礎講座」奈良2020年2月開催!

腰痛で顔をゆがめて苦しんでいるお母さんが笑顔になり、

反っくり返って大泣きしている赤ちゃんが笑顔になる。

その笑顔を届けられる確かな「理論」と「技術」と「寄り添い方」をお伝えします。

代表の藤牧は、頭蓋仙骨療法を本場アメリカで習得して、30年。最新の知識と技術を学ぶために毎年渡米し、常に研鑽を怠りません。

そして、もともとキャリアのスタートは、アメリカ・フィラデルフィアにある脳機能改善のための専門研究機関「The Institutes for the Achievement of Human Potential(ドーマン研究所)で、39年前に日本人スタッフとして脳の発達過程や機能改善のためのプログラムの研究生活を送ったことに始まり、脳機能研究の専門家でもあります。

だから、赤ちゃんの現在の発達段階や困りごとを「骨格的見地」からと「中枢的(脳機能)見地」の両方から総合的に評価することが出来るのです。

学ぶことはまだまだたくさんありますよ。

どうぞ我々と一緒にお母さんや赤ちゃんのために学びを深めていきましょう。

たくさんの方々のご参加を楽しみにお待ちしております。

(*注意*「藤牧式・頭蓋仙骨療法」は当センターでしか開講しておりません。「藤牧のもとで学んだ~」「藤牧の流れを汲む~」などの表現で頭蓋仙骨療法を教えている団体があるようですが、私どもとは一切関係がございませんので、ご注意ください。)

 

*** 奈 良 ***

*「助産婦専門コース・基礎講座」*

日時:2020年2月22日(土)9:15受付開始~9:30開始~19:30終了

会場:奈良市(詳細はお申込み時にご案内)

参加費:33,000円 (再受講者は16,500円)(共に税込)

対象者:助産婦

定員:12名

 

*「てしおの会」*

日時:2020年2月23日(日)9:45受付開始~10:00開始~17:00終了

会場:奈良市(詳細はお申込み時にご案内)

参加費:11,000円(税込)(事前振込)

対象:基礎講座を受講した助産婦(2/22の基礎講座受講者も対象となります。)

定員:12名

**お申込み**

*希望の講座名、*メールアドレス(パソコンから受信できるもの)、*氏名、*電話番号(緊急時対応用)、*住所、

をフォームにそってご記入いただき、

こちらのフォームから送信ください。

 

母子手帳に大切なことが書かれていない‼️‼️

「安心してこどもを育てるために」

「一年間の発達と育児のポイントカレンダー」

というものがあるらしい。(都道府県市町村で中身が若干違うらしい)

そこに、赤ちゃんの大切な動作、運動が抜け落ちて書かれていないのです‼️

ズリバイ(腹ばい : お腹を床につけてうつ伏せの姿勢で這う動作のことを言う)の項目がない‼️‼️

大変だ‼️ 赤ちゃんの発達の妨げになる。

この世にヒトとして誕生して来たのなら、

必ず通って来なければならない「秩序ある道」があるのです。

それを踏み外すと、

発達に問題を抱える子どもたちになる可能性が大きいのです。

ヒトの遺伝子を持って生まれても、

環境の違いで成長発達に違いが現れます。

進化発生生物学的にヒトをみたときに、

胎児はお母さんのお腹の中で成長発達してくる過程で、

魚類、両生類、爬虫類、哺乳類、ヒトとして進化発達してくることは皆さんご存知ですよね。

誕生した後も、この「地球重力」の中で、

進化発生的に同じ道、動きを消化して、統合して来なければならない宿命なのです。

ここで本題に入ります。

今の母子手帳の中の文言には、その宿命の動作、運動が抜け落ちています。

その動作、運動は脳(中枢神経系)の発達を促すものです。

私のブログの中で、

シャフリング、脳の発達、うつ伏せ……等の内容にも目を通してみてください。

今施術にきているこどもさんのお母さんから送られた母子手帳の中身を見て余りに驚いて

投稿してしまいました。

全国の助産婦さん、赤ちゃんを救えるのはみなさんしかいませんよ‼️

私に話す機会を与えてください。

何処へでも参上します。