今日で一歳となりました。

今日、2月26日は、私の誕生日で、61歳となりました。

img_2935

 

朝はゆっくり過ごして、午後から酵素風呂に入りに行き、

 

身体の中から汗をかき大変身‼️

 

 

 

 

人生のUターン・還暦から数えて一年。

 

 

一歳の頃のこどもは、やっと自分の足で大地を踏みしめて、その一歩を出し始めます。

 

進化の過程では、やっと哺乳類の猿人類からヒトとしての第一歩。

 

これからどの様な人生が待っているのでしょうか⁉️

 

考えただけでもワクワク、ウキウキしてきます。

 

これからは、あるが儘、我のまま、我儘(ワガママ)、自分の儘で生きていこう‼️

 

自分の      命      は

 

自分の     心      が

 

ワクワク      ウキウキ       することに

 

使うために      あるのですから

 

これからバージョンアップしたマッキーパワー炸裂です‼️

 

楽しいことが起こりますので、ご期待あれ‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月28日 天赦日 に引っ越しします‼️

そうなんです。

11月28日 天赦日 に引っ越しをすることが突然決まりました。

天赦日 とは、

「暦注の一。四季に各1回ずつある、天がすべての罪を許すという最上の吉日。

春は戊寅(つちのえとら)、夏は甲午(きのえうま)、秋は戊申(つちのえさる)、

冬は甲子(きのえね)の日。」

 

以前から、子どもたちの施術と運動のできる広いスペースを探していて、

偶然にも妻の知り合いの借家が空いた‼️ と。

何も知らずにその知り合いの家に立ち寄った時に話を聞き、夜の8時過ぎにもか

からわず物件を見せてもらいました。

その瞬間にこれだ‼️ と心が騒ぎ、  直ぐに話を進めていました。

 

一階は二間続きで広い施術室と講習会やこどもに訓練もできそうな広いリビング。

二階は事務所と住居とが全てが揃っている一軒家。

 

毎日ひろ子とふたりして仕事の合間に荷造りに追われて、汗してます。

身体も筋肉痛でギシギシです。

17日から神奈川〜東京出張で25日に奈良に帰ってきて、最後の追い込みだあ。

こんないい機会なので、新しい家には古い滞ったエネルギーは持ち込まないように、

思い切って断捨離しまくってます。

 

 

来年ももっともっとワクワク楽しい事が起きますから、

子どもたちの成長発達と助産婦さん方の素晴らしい手に

この波動が波及していきますよ。

だって、自分のこころが喜ぶことに命は使うものですから‼️

 

私たちの「遊び場」へ遊びにきてくださいね。

お待ちしています‼️

 

経乘  &  仁子

 

 

あなたの人生を変えるのは⁉️

私も今年で還暦を迎えました。

あっという間の歳月でした。

誰の人生にもその転換点には必ず影響を受けた人がいるものです。

 

⚫︎学生時代のゼミの藤村 哲教授。

⚫︎脳障がい児療育、治療のドーマン博士

⚫︎日本のマクロバイオティック の先生方

⚫︎世界のマクロバイオティック  久司道夫先生、アベリーヌ 先生

⚫︎頭蓋仙骨療法のジョン・アップレジャー DO

 

私が若い時に、その道の最高の先生方(今はもうみなさん天国にすまわれています)を

師と仰ぎ、学ぶ機会を与えられたという事は、

此の地球が誕生してからのとてつもなく長い時間軸の中のほんの一瞬の時間を、

最高の先生方と同じ時間を共に生きてこれたことは、奇跡の様で、私の一生の宝です。

 

 

 

世の中には、

素晴らしい「師」に付いたために、世界も認める程の結果を出している多くの人達がいます。

良い例が、テニスの錦織 圭です。

数年前から世界チャンピオンのマイケル・チャンに付いてからメキメキと実力をあげ世界ランキング7位にまであげて来てまだこれから上に上がる勢いです。

さらに、野球界では世界のイチロー選手も然り、

スケート界では世界の羽生選手も然りです。

 

どんな良いコーチに付いても本人たちが血の滲むような努力を惜しまなかったために

今の結果が現れています。

 

 

誰の元に付いて学ぶのか、どの様な方々とお付き合いをしているのかで、

その人の潜在的な能力、可能性を引き出すことができると私は思っています。

 

本物」をみてきている者だけが味わえる世界観と同じ経験を感じたければ、

「本物」から学ばなければなりません。

 

人生は誰を「師 ・友」としていくかで決まってきます。

どの世界でも、また頭蓋仙骨療法の世界でも同じことです。

自分がその道のプロとして生きていこうと決めているのならなおさらです。

 

自分の心がいつも楽しく、ウキウキ、ワクワクする様な人たちと生きていってください。

 

するとおのずと貴方と関わる周りの人たちに共振共鳴して笑顔が溢れて来ます。

 

 

還暦を迎えてからさらに強く思うようになりました……

自分の命は、自分の心がワクワクすることに使うためにあるのですから。」と。

 

 

たなこころ C.S.T.こども機能発達センター

藤牧経乘