「嫉妬」は近未来の自分!?

4月新学期です。今までとお友達や環境が変わり戸惑っているお子さんも少なくありません。

先日、私どもの「藤牧式・パーソナル ホームプログラム」(=そのお子さんおひとり向けの成長発達プログラム)を実施されているお子さんのお母さんから連絡が来ました。

「今週から2年生としての学校生活がスタートしました。支援級に新一年生が加わり、去年とはまた違った教室の雰囲気となりそうです。その1年生は読み書きが得意で、その子がスラスラ読み書きをしている姿を目の当たりにして、羨ましさや悔しさといったマイナスの気持ちが〇〇の言葉の節々に感じられ、私も何だかとても切ない気持ちになってしまいます。」

私はこの文章を読んで、先ずは、「やったー!!〇〇君すごいよ~!!」とガッツポーズしました。それは、彼が「羨ましい」「悔しい」という気持ちを持ったから。

でも、どうやら家族でどよ~んと切ない気持ちに包まれているみたいなので、すかさず連絡しました。

「「羨ましい」「悔しい」は近未来の〇〇君の姿ですよ。自分のなりたい姿が目の前にある。でもまだ少しだけ距離があって手に届かないから「悔しい」という感情が出てくるのです。彼の本当の心の望みだから心が反応するのです。

彼の中の「命の力」がふつふつと湧きあがってその様な感情が立ち上がってきたのです。すごいことですよ!

だから、◯◯君に「悔しい」気持ちが芽生えたのは、成長の証ですよ。切ない気持ちになってる場合じゃないですよ~!」と。

例えば、スケートの羽生選手を見てカッコイイなと思っても「悔しい」という感情は普通は湧きませんね。だって、氷上でクルクル回ったり飛んだりなんて自分には出来っこないと思っていますから。

でも彼と王座を争っている上位のスケート選手達は、羽生選手が素晴らしい演技を見せたら「悔しい」という感情が出てくるはずです。なぜなら自分の手の届きそうな距離にいるから。

「感情」ってその中にどっぷり漬かって呑み込まれてしまうと苦しくなってしまいますが、実は、「心」のセンサーでもあるのです。「心」が揺さぶられて何らかの「感情」が湧き上がる時、それは「心」が何かに反応して、「本当の心の望み」を浮かび上がらせてくれているのです。

「感情」って振り回されると面倒くさいものですが、そんな風に捉えてみると「自分を知る」きっかけにもなる素晴らしいものですね。

子どもたちは大いに泣いて、笑って、怒って、毎日を彩り鮮やかに生きています。そんな彼らを温かい目で見守っていきたいものです。

 

本年度の米国・メイン州公認セラピストライセンスが届きました

504E3F03-5D4C-46D1-AD8D-C8DCC5E1E0CFアメリカから拠点を日本に移して今年で13年目となりました。

アメリカ在住のしっかり者の長女が、メイン州公認セラピストのライセンス更新申請を毎年欠かさずやってくれています。親孝行な娘を持ってホント、幸せです‼︎

アメリカは整体業(マッサージセラピスト)は免許制となっていて、日本のように(乱暴な言い方をすると)誰彼でも開業して報酬を得るということは出来ません。

才能に恵まれてやる気さえあれば誰でもチャレンジできる自由がある反面、清濁混同ではないですが、実力も内容も多種多様の整体師がいて今や乱立の状況です。

大人は自己責任でいろいろな療法を試して自分の好みに合ったところを探すのも良いかと思いますが、発達に何らかの困りごとを持つお子さんに対しては、ご両親が施術者がどこで学んだか、どんな経歴をもっているか、またHPなどの記事を読んでプロとして信頼がおけそうか、等々しっかりと調べて吟味された方が良いかと思います。

一番多いのが、自宅から近いという理由。子どもの学校やご両親の仕事の関係等で時間の制約があるのは重々承知していますが、「何を一番大事にするのか」「何を一番望んでいるのか」という本当の心の声を基準に物事を選んでいただきたいと思っています。

「自宅から近かった」というのは、自分の本質の部分からの答えではなく、頭で考えた思考による「都合の良さ」ですね。

お金の面でも考えても、交通費やさまざまな費用を考えると近くの方が良いとその時はそう考えるかもしれませんが、「専門のことはよく分からないけど○○ちゃんも行っているし、何となく良いのだろう」というそのエネルギーレベルと引き合うところにお金を使うのが本当に賢明なお金の使い方でしょうか?

私どものところには、沖縄や北海道からも飛行機や電車を乗り継いでお子さんを連れて来られるご家族がいます。時間やお金の大切さだけでなく、そのご家族が何を一番大切に思っておられるかを感じるからこそ、私どもも自分の命の力を精一杯出して全力でお応えしています。

でもね、ほとんどのお子さんは「マッキー先生のお家に遊びに行った」と思っているようです。だって、おもちゃで遊びたい子はおもちゃで遊ぶし、絵本を読みたい子は絵本を読むし、ボール遊びしたい子はボール遊びするし、自由にしたいことさせてもらえるから初めは緊張気味だった子も途中から本領を発揮して好きな遊びに熱中し、帰る頃には「帰らない!」という子もたくさんいます。

そんなお子さんの大切なかけがえのない時間を私たちと共に過ごすために足を運んでくださるご両親には心から感謝しています。

ライセンスの話から少し逸れてしまいましたが、「ご縁」が無ければ誰とも出会うことは無いのですから、自分が結ぶ「ご縁」、これからも大切にしていきたいと思います。

 

藤牧 仁子

ふたりめの恩師

以前、大学時代の心身障害児ゼミの恩師のお話をいたしましたね。

今日は、私が、マクロバイオティックの勉強を本格的に始めた時のお話です。

 

当時私たち家族( 妻、娘二人 )は、滋賀県の瀬田駅 近くに住んでいました。

 

親友の家族( 妻の姉夫妻と娘 ) と一緒に、障がい児のための療育ホームプログラムを作成していく仕事をしていました。

娘達も小さかったので、生活全般もマクロバイオティック的な生活でした。

 

大阪にマクロバイオティックの本部の「正食協会」があり、毎月講習会や講演会、

料理教室等に通っていました。

家族にとってマクロバイオティックは食育だけでなく、生き方そのものでした。

 

当時の正食協会の会長様は、山口 卓三 先生でいらっしゃいました。

いつもニコニコ笑顔がとても素敵な方でした。

 

出会いは、最初のクラスに参加した時に、私の席の前に痩せた小柄な男性が

座っていらして、こんなおじさん⁉️でも勉強させる熱心な方だと思っていましたが、

司会者の方が、正食協会の会長のご挨拶、と言われるとそのおじさんが立たれ皆さんの

方を向かれて挨拶をされました。

それが私と山口卓三先生との出逢いでした。

 

何ヶ月かして、いつもクラスの一番後ろの席からクラスの様子を見られていらした

先生が私の方に近づいてこられて「あなたはどのようなお仕事をされているのですか?」

と質問されたので、「滋賀県の方で障がい児の療育をしていて、子ども達の食育のために

勉強しています。」 と答えると、

「私も以前滋賀県のびわ湖学園で働いていたことがあります。」と教えてくださいました。

 

当時のびわ湖学園創設のため、

福祉の父と言われた糸賀一雄先生とマクロバイオティックの桜沢如一先生とが共同で

作られたということを初めて卓三先生から聞きました。

えええええええええ‼️‼️‼️‼️

糸賀一雄先生の弟子のゼミの藤村先生と桜沢如一先生の弟子の山口卓三先生は同じ

思いで子ども達の未来のために同志として生きていらしたのだ‼️‼️‼️‼️

なんという偶然でしょう‼️

私はそのお二人に学んでいるのです。 これは運命です‼️

なんて幸せなことでしょうか‼️

 

この日はいそいそとはずみながら家に帰って、今日のことを妻に話しました。

「あなたの人生はその出会いをするためにあったのです。」と妻が言いました。

 

それからもマクロバイオティックを学ぶことが楽しくていろいろな講習会に参加して来ました。

 

その経験が食べ物のことだけでなく、私たちの生き方までも応用でき、

中芯軸ができたせいで、今でもその知識と実践が活かされています。

 

山口卓三先生の教えを守り、また先生の顔に泥を塗らないように、まだまだ精進して行く

所存です。

 

マッキー