何故、今、助産婦なのか‼️

現在、奈良で「頭蓋仙骨療法」を基軸に治療活動をしていますが、私の施術の9割以上が、全国各地(南は沖縄、北は北海道)から来られる、何らかの発達に遅れや困りごとを持ったお子さんです。
ご家族には必ず事前に質問表に記入いたいています。
妊娠中の経過、出産場所と出産方法、産後の経過、授乳方法、食事・離乳食、赤ちゃんの時のいろいろな問題事項と、それに対していままでどのような専門機関にかかっていたか等々・・。
それらのデータからわかったことは、ほとんどのこどもたちが、乳児期、幼児期に何らかの不具合・トラブルを複数抱えていたということです
助産婦のみなさんなら、妊娠中〜新生児〜幼児の3歳までは、普通のどんな方々よりも検診や相談等で関わる機会が多いと思われます。
身体を緊張して反っていた、斜頸があった、ずっと泣き止まなず下に置けない、眠りが浅い、吸啜が弱い、よくもどす、目を合わせない、体重が増えない・増えすぎて動けない、いつもビクビクで過敏すぎる、原始反射がいつまでも残っている、頭の形が絶壁・いびつ、首が座らない、うつ伏せを嫌う、変則的な這い方をしている、シャフリングでの移動をしている、這わずにつかまり立ちをしだす、落ち着かない、言葉が遅い、奇声を発する、友達となじめなずよく叩く、ひとつのものに固執する、いつも斜め見する、斜視がある、階段を怖がる、ひとりでぐるぐる回っている、食べ物をこぼす、偏食がある、聴覚・感覚過敏がある、多動……。』
現場でも以上のような症状のある赤ちゃん、こども達を見かけたことがあるはずです。
助産婦の直感、直観、経験で「これは何かありそうだぞ‼️」と気づいた時に何らかの手当てを適切に施していれば解消できるものばかり…でした。
そのうち良くなるから……様子を見ていましょう」の様な経過観察的・先送りでは、何の解決にもならずさらに二次的なトラブルを呼び込んでしまうことになりかねません。
そして数ヶ月、数年後、骨格的な問題からさらに中枢神経的な問題へと移行して、いろいろな困りごととして表出してきたのです。
最近、この様なケースのこども達が非常に多くなってきたように思えるのは私だけではないはずです。
 学校でもグレーゾーンの子どもたちが増えて先生方もその対処に四苦八苦しているようです。
こども達がまだ小さいうちに、ほんの小さな異変・異常を発見し、適切に対処できていたら、
近い将来抱え込まずにすむ障がいを、水際でくい止めることができる」と私は信じています。
頭蓋仙骨療法は、骨格的、中枢神経系の構造的、生理的な変異・癒着・ストレス・エネルギーシスト(エネルギーの塊)を誘導、解放させて、本来持っているあるべき機能を呼び起こし改善させ成長発達を助けていくことができます。
専門的な知識と経験をお持ちの「現場で活躍されている助産婦さん方」が、目の前の赤ちゃん達の諸問題を少しでも早期に改善できる様になれば、日本の子どもたちは救われます‼️
私の講習会の対象者は、
日本の明るい未来を切り開く礎になっていかれる助産婦さんに限定しました。
整体師や他の療法(鍼灸など)をされている方からも受講希望がありますし、「先生バカですね!出来るだけたくさんの人を集めた方がその分収入も上がるでしょ!」とたくさんの方々からお叱りの声をいただきますが、
生まれてきた赤ちゃん達の苦痛を救えるのは直ぐに手を差し伸べられる助産婦さん方しかいません‼️
講習会に参加された助産婦さんは、講習会がまだ終わらないうちに「反っくり返って泣き叫んでいるあの赤ちゃんにすぐにでも手を当ててあげたい」と早く現場に戻りたい!と口々に言われます。
そのように明日から直ぐに実行してくれる人熱いハートをもった助産婦さんに、私は私の持つすべての経験と知識とエネルギーを捧げたいと思っています。
私はその準備が整っています。
どうぞ受け取りに来てください。
たなこころ C.S.T.こども機能発達センター
代表  藤牧経乘

本年度の米国・メイン州公認セラピストライセンスが届きました

504E3F03-5D4C-46D1-AD8D-C8DCC5E1E0CFアメリカから拠点を日本に移して今年で13年目となりました。

アメリカ在住のしっかり者の長女が、メイン州公認セラピストのライセンス更新申請を毎年欠かさずやってくれています。親孝行な娘を持ってホント、幸せです‼︎

アメリカは整体業(マッサージセラピスト)は免許制となっていて、日本のように(乱暴な言い方をすると)誰彼でも開業して報酬を得るということは出来ません。

才能に恵まれてやる気さえあれば誰でもチャレンジできる自由がある反面、清濁混同ではないですが、実力も内容も多種多様の整体師がいて今や乱立の状況です。

大人は自己責任でいろいろな療法を試して自分の好みに合ったところを探すのも良いかと思いますが、発達に何らかの困りごとを持つお子さんに対しては、ご両親が施術者がどこで学んだか、どんな経歴をもっているか、またHPなどの記事を読んでプロとして信頼がおけそうか、等々しっかりと調べて吟味された方が良いかと思います。

一番多いのが、自宅から近いという理由。子どもの学校やご両親の仕事の関係等で時間の制約があるのは重々承知していますが、「何を一番大事にするのか」「何を一番望んでいるのか」という本当の心の声を基準に物事を選んでいただきたいと思っています。

「自宅から近かった」というのは、自分の本質の部分からの答えではなく、頭で考えた思考による「都合の良さ」ですね。

お金の面でも考えても、交通費やさまざまな費用を考えると近くの方が良いとその時はそう考えるかもしれませんが、「専門のことはよく分からないけど○○ちゃんも行っているし、何となく良いのだろう」というそのエネルギーレベルと引き合うところにお金を使うのが本当に賢明なお金の使い方でしょうか?

私どものところには、沖縄や北海道からも飛行機や電車を乗り継いでお子さんを連れて来られるご家族がいます。時間やお金の大切さだけでなく、そのご家族が何を一番大切に思っておられるかを感じるからこそ、私どもも自分の命の力を精一杯出して全力でお応えしています。

でもね、ほとんどのお子さんは「マッキー先生のお家に遊びに行った」と思っているようです。だって、おもちゃで遊びたい子はおもちゃで遊ぶし、絵本を読みたい子は絵本を読むし、ボール遊びしたい子はボール遊びするし、自由にしたいことさせてもらえるから初めは緊張気味だった子も途中から本領を発揮して好きな遊びに熱中し、帰る頃には「帰らない!」という子もたくさんいます。

そんなお子さんの大切なかけがえのない時間を私たちと共に過ごすために足を運んでくださるご両親には心から感謝しています。

ライセンスの話から少し逸れてしまいましたが、「ご縁」が無ければ誰とも出会うことは無いのですから、自分が結ぶ「ご縁」、これからも大切にしていきたいと思います。

 

藤牧 仁子

神戸「講演」お陰様で反響がありました!

IMG_89936月17日神戸の国際会議会館にて「子どもの成長発達からみた母乳育児の重要性」というタイトルで講演を行いました。

主催は、『BSケアプロジェクト』という児の母乳吸啜メカニズム乳房ケア基づく乳房ケア開発グループで、年に一度の全国大会である「BSケア発展セミナー特別企画」に講演を依頼されました。全国から200名近い助産師さんが参加されていました。
他には、
昭和大学江東豊洲病院小児科医の水野克己先生、クロレラ工業の畑中隆治氏 が登壇され、それぞれのご専門からとても勉強になるお話を聞けました。

さて、

今回の特別企画のテーマのひとつであった「原点を振り返る!」という事から、自分たちの人生の原点、どの様にしてこの世界に生まれ出てきたのかという「人生のスタート地点」をもう一度しっかりと見つめ直してもらうことから講演をスタートしました。

お母さんのお腹からどのような過程を経て出てきたのか、参加者の皆さんに自ら赤ちゃんとなってその時の様子を出来るだけリアルに再現してもらうことにしました。

まず、
⚫︎第一頭位(胎児が頭を下にしてお母さんのお腹の左側にいたポジション)での誕生を会場の半分の方々にイメージをしながら再現していただき、
⚫︎第二頭位(胎児が頭を下にしてお母さんのお腹の右側にいたポジション)での誕生を会場の半分の方々にイメージをしながら再現していただきました。

参加者のほとんど乳房ケアの助産婦さん、医療関係の方々でしたので、「ええっと母親の恥骨がこっちに位置していて、仙骨との間のこんな狭い間をこんな風に頭を擦り付けて…」と自分の頭を机に押し付けて皆さん「痛たた…」とか言いながら上手に再現されていました。

会場には男性も20名ほどいました。やはり男性陣は自分がどの様なお産をして来たのかすぐにはイメージ出来ず、戸惑っておられる方も多かったようです。

どの人も等しくお産を経験してこの世に生まれ出てきたにもかかわらず、その時のことを覚えている人は皆無です。

でも私は、どうしても、どの様に顔や頭を擦りながら産道の中を降りて来たのかを実感を持って皆さんにわかっていただきたかったのです。

産道の中の赤ちゃんの顔や頭や身体は強圧、回旋、前進しながら誕生して来ます。
その時必然的に、歪み、捻れが顔や頭や身体に起きて来ます。

その時の後頭骨(赤ちゃんは4つのピースに分かれている)の歪みから起こる現象を骨格的に解説をしました。

さらに、その変形してきた顔や頭や身体を「母乳育児」をする事で解放して正しい形に戻るメカニズムを解説しました。

また、母乳育児は赤ちゃんの原始反射をも統合させていく働きがあることも解説いたしました。

現場で多くの赤ちゃんが抱えている問題:
⚫︎全身えびぞりに沿って硬直してしまう
⚫︎片側しか向けない
⚫︎吸啜する力が出せない
⚫︎泣き止めない
⚫︎口が開けられない
⚫︎胃軸捻転ですぐ戻してしまう
⚫︎呼吸もしずらい
⚫︎頭の形が悪い
⚫︎お腹をつけた這い這いをせずに仰向けでの移動をしている
⚫︎変な這い這いをして、シャフリングしている
⚫︎這わずにすぐ立ち上がってしまう……………………という様な。

全てとは言えませんが、
ここにあげている現象のほとんどの赤ちゃんたちの顔や頭や骨格に、異常な捻れや歪みがある為に、赤ちゃん達がとても辛い思いをしてきている事が、アメリカ、ヨーロッパ、日本の各地で出会った多くの赤ちゃん達に触れてきてわかってきたことです。

現在、奈良市の方で、発達障がい児、脳障がい児達への施術と機能発達ホームプログラムを作成していますが、こちらに来るお子さん達のほとんどに、赤ちゃんの時に上に挙げた症状で苦しんでいた事実を知りました。

助産婦さんほど赤ちゃんをみている方はいません‼️

目の前の赤ちゃんにある症状が出た時に、
それが「骨格」から起きているものか?
あるいは「中枢」から起きているものか?
判断でき対処できる専門性が求められて来ると思います。

経験豊富な助産婦さんの直感で、何かおかしい⁉️と思った時に、すぐに対処できる事で、
抱え込まずに済む問題を水際で食い止めていけるのは、助産婦さんです‼️

日本の子ども達は助産婦さんの手(たなこころ)にかかっています‼️

………………で、終了いたしました。

終了後の懇親会で、何人もの助産婦さんが話をしに来てくれました。

「うちのクリニックで産まれた赤ちゃんも身体を反らして床に置くと大泣きする、下顎が引けていておっぱいを浅吸しか出来ない、頭の形が悪い、という子たちがいっぱいいます。今まで対処してきたつもりではありますが、何故そうなるのかという根本的なメカニズムは学校でも習わないし全く分かっていませんでした。何か違和感を感じながらの毎日でしたが、その違和感が何であったか理解できました。これから自分たちにもできる事がある!と希望を持って赤ちゃん達に向き合っていきます。」

心に響いてもらえたようで良かったです。こういった問題意識があり且つ優しい心と手を持つ助産婦さんがたくさん増えてくることを切に願います。

私は医療業界の大きなヒエラルキーには属していないこともあり、自分では「普通」と思っているのですが、組織の中の「普通」と違うことを言ってしまうと過激・辛辣と捉えられることも多々あるようなのですが、

そんな私に、この様な機会を与えてくださった、
BSケア代表の寺田恵子先生には心から感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、わざわざ大阪から奈良までお越しいただき当日の配布資料作りを手伝ってくださった助産婦の松田志帆先生、そして今回の神戸特別企画セミナーの担当BSケアのスタッフの皆様。
にもお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

マッキー