本日出会った☆天使ちゃん☆

こんにちは。

たなこころC.S.T.こども機能開発センターの 藤牧仁子です。

先日、5歳の男の子 Y君が 初めてご両親とたなこころ庵を訪れてくれました。

彼は、

立てない、歩けない、言葉が出ないというお子さんなのですが、

賢くて気高い魂の持ち主で、

一緒にいるだけでこちらの心が清らかになるような、
そしてふわっと笑顔になるような、そんな天使のようなとてもとても素敵なお子さんでした。

マッキーが、さっそく Y君の身体をやさしく触れていきます。

Y君の仙骨と頸椎、脳幹部( 延髄・脳橋・中脳 )の硬膜に強いねじれがあることを感受しました。

そしてそのねじれををやさしく解放してあげると、
(というか、そばで見ていても ただ触れているだけなんですけどね・・)

なんと、

今まで出来なかった「寝返りもどき」をごろんごろんと何度もし始めました。

これには、ご両親もびっくり!

「すごい!すごい!」と声をあげて大喜びされています!!

本当はね、

本人は、ちゃんと出来るのを知っていたのです。

でも、ちょこっと
身体にブロックがかかっている場所があって

上手く出来なかっただけなんだよね。

それが 取れちゃったら、

自分のイメージ通りに身体が動いて、

「あー気持ちいい!」

「身体が自由に動くって、嬉しいねー。」って、

お口から出る言葉ではないけど、

身体から発せられる『ことば』と

ニコニコの笑顔で

たくさん『嬉しい!』を表現してくれていました。

その場に一緒にいるだけで、

わたしたちも ふわぁ~ん って優しい、嬉しい気持ちに包まれます。

でも、そのお母さんも素晴らしい感覚の方で、

Y君の仙骨と髄液に何か問題があるのでは・・とずっと気になっていたそうなんですね。

今まで、他の整体、療育での理学療法士の先生方に「仙骨おかしくないですか?」 と

ずっと聞いていたそうなんですけれども、

どなたも「問題ない、お母さんの気にし過ぎ」 と言われてきたそうです。

でも、

目の前で仙骨のねじれを緩めてもらって、

ごろんごろんしだしたお子さんを見て、

「自分の感覚は間違ってなかった~!」 と

とても喜んでおられました。

本当にどんなお医者よりも、

どんな「先生」と呼ばれる人よりも、

我が子を想う母の「直観」はいつも正しく、

母の愛に勝るものはない! ということですね。

Y君は、

天使のような素敵なお子さんで、

その場の空気感がふわっと軽妙に清らかになるんですよ。

ず~っとそばにいたいと思うくらい。

と~っても幸せな気持ちを ありがとう! でした。

そして、

お母さん、お父さんには、

お家で出来る

頭蓋仙骨療法のお手当て法( 脳幹部の解放法 ) や

前庭器管に刺激をあたえる運動や

はたらきかけをお伝えしました。

お家でしっかりと

適切な 働きかけをしてくださっていると

次回 会った時に ぐ~ん と変化しています。

まだまだ、これから

どんどん 脳細胞・脳神経も成長、発達していきますから。

そして、何より、

Y君本人が、自分がこれから どんどん 成長して

身体の中にぎゅーっと つまっている

限りない可能性を どんどん出していくぞーっ!

これって、ぼくにとって

すごい 喜びなんだ!っていう

嬉しい! 楽しい! エネルギー出して、

身体いっぱいで表現してくれていました。

本当に 次に 会うのが 心から楽しみです。

素敵な 時間を ありがとう♪