大阪助産婦会館で講演会をしてきました。

去る4月28日、鶴橋駅にある大阪助産婦会館にて、

「子どもの成長発達からみた母乳育児の重要性」

というタイトルで、助産婦さん対象の講演会をしてきました。

 

現場でいろいろな問題を抱えた多くの赤ちゃん達のケアをされている

大阪近郊はもちろん、名古屋、長野、東京から定員をはるかに超えるほどの助産婦さん方

に参加いただきました。

 

⚫︎ 母乳育児が赤ちゃんの頭蓋骨、骨格、 中枢に及ぼす神秘的な作用。

⚫︎ 母乳育児と原始反射統合との関係性。

⚫︎ 赤ちゃんのさまざまな問題は、実は骨格、中枢の歪みから来ていた。

⚫︎ 発達障がいは、実は乳児、幼児の時から始まっていた。

⚫︎ ローリング、仰向け移動、ハイハイの下手な子、シャフリング、ハイハイしなかった…

と発達障がいとの関係性。 そしてその予防策。

⚫︎ 将来抱え込まずにすむ障がいを、水際で食い止めることができるのは、

助産婦しかいない‼️

という内容でした。

途中ベテランの助産婦さんに、頭蓋仙骨療法とはどんなものかのデモも入れてみました。

 

 

「 今まで聞いたことがない、目から鱗のような衝撃的な話でした。」

「仕事の中で行き詰まっていたことや育児での疑問に希望の光が見えました。」

「母乳育児に骨格の修復の素晴らしい効果があることを初めて知りました。」

と講習会後、多くの助産婦さん方から感想をいただきました。

 

 

日本全国、南は沖縄、北は北海道から発達障がい児たちとそのご家族が、

遠路はるばる奈良まで施術を受けにみえます。

 

必ず、事前質問表に妊娠中、出産方法、赤ちゃんの時の問題、状態、それに対しての

専門職のアドバイス、ハイハイした時期、立った時期、食事……等

を記入していただいています。

 

わかったことが、殆どのお子さんは乳児期、幼児期に起きていた問題を、

「そのうち良くなるから様子を見ましょう……」的経過観察・先延ばしにされて

来ていたのです。

母親はすぐに子どもの異変に気付いていたのですが………。

 

数ヶ月後、数年後には、骨格的な歪みが中枢的歪みに変容していたのです。

 

私の頭蓋仙骨療法は、中枢神経系のグリア細胞の歪み、癒着の変容を改善して

いく素晴らしい療法です。

 

その技を助産婦さんにお伝えする準備は出来ている‼️

ということもお話しして来ました。

 

これを企画してくださった、長年頭蓋仙骨療法をされている堺と茨木の助産婦さん方に

感謝しています。

 

日本中どこでもお伺いしますので、このような話をお聞きになりたい方はいつでも

お知らせください。

 

 

たなこころ C.S.T.こども機能発達センター

代表      藤牧経乘

 

 

 

 

半断食 in 奈良

4月9日、10日 一泊二日。奈良の酵素風呂施設で半断食セミナーを行いました。

今回の半断食は、『ひとくち300回噛む』というミッションでした。

 

参加者は各地(沖縄、鹿児島、宮崎、福岡、広島、大阪、)からの助産婦さんでした。

長年食べる時間もないほど忙しい勤務状態の中で、ちょっとした時間の合間に

食べ物をお腹に放り込む状態かと思います。 本当にご苦労様です。

その様な方々へ、敢えてひとくち300回噛む‼️ という半強制的な時間を設けてみました。

 

近鉄奈良駅に集合し、3台の車で相乗りして会場に到着。

ウェルカム(よく噛む)ドリンクとして、手作りで梅醤番茶(梅干し、醤油、番茶)を

作りみなさんに飲んでいただきました。

 

今回の半断食の特徴は、

⚫︎ 噛む事に集中すること。

⚫︎ 酵素風呂に入る。

⚫︎ 頭蓋仙骨療法の手当てをする。

身体(中枢、骨格)の中から外への変化とエネルギーのうごめきを体感していく事。

この体験は必ず、微細な指先のお仕事をされている助産婦さん方へは役に立つだろう。

 

こんな思いから企画しました。

 

頭蓋仙骨療法をされているみなさんなので、頭蓋骨のどの骨が動き出して、

どの骨にロックがかかっているのか改めて解りだし、さらに噛み続けていくうちに

その問題の骨が解放していく感覚とそれと同時に身体の他の部分をも解放してくる

というを認識出来ることがとても大切な事でした。

それを自分自身の身体で体感出来ることが必要なのです。

 

いろいろな変化を確認しながら、みなさんでシェアしてそれがどうしてなるのか

ネッターの解剖図の本で解説しながら腑に落としていく。

食べる過程と同じで、よく噛み砕いて、飲み込み、消化するまでの過程と、

外から得た情報を自分の中でよく噛み砕いて、のみこみ、腑に落として、理解して、

その理解したものを使いこなすまで練習していくと、

自分のものになり、血となり身に成るのですね。

 

小さな茶碗に70〜80グラム程のこもりの酵素玄米にごま塩を掛け、マッキーが2種類を合わせた味噌の味噌汁だけ。の食事を一泊二日の4食。

途中、低血糖、塩抜けにならぬ様に、酵素ドリンクと梅醤番茶は随時用意していました。

2回酵素風呂に入り、みなさんお肌ピカピカ、ツルツルびっくりするほど白くなって

いましたよ‼️

さらに、頭蓋仙骨療法のてしおの会もお互いに確認していきました。

 

身体の真・芯から、解放することの喜びを体感して欲しかったのです。

みなさんありがとうございました。またやりましょうね。

 

マッキー

 

 

 

何故、今、助産婦なのか‼️

現在、奈良で「頭蓋仙骨療法」を基軸に治療活動をしていますが、私の施術の9割以上が、全国各地(南は沖縄、北は北海道)から来られる、何らかの発達に遅れや困りごとを持ったお子さんです。
ご家族には必ず事前に質問表に記入いたいています。
妊娠中の経過、出産場所と出産方法、産後の経過、授乳方法、食事・離乳食、赤ちゃんの時のいろいろな問題事項と、それに対していままでどのような専門機関にかかっていたか等々・・。
それらのデータからわかったことは、ほとんどのこどもたちが、乳児期、幼児期に何らかの不具合・トラブルを複数抱えていたということです
助産婦のみなさんなら、妊娠中〜新生児〜幼児の3歳までは、普通のどんな方々よりも検診や相談等で関わる機会が多いと思われます。
身体を緊張して反っていた、斜頸があった、ずっと泣き止まなず下に置けない、眠りが浅い、吸啜が弱い、よくもどす、目を合わせない、体重が増えない・増えすぎて動けない、いつもビクビクで過敏すぎる、原始反射がいつまでも残っている、頭の形が絶壁・いびつ、首が座らない、うつ伏せを嫌う、変則的な這い方をしている、シャフリングでの移動をしている、這わずにつかまり立ちをしだす、落ち着かない、言葉が遅い、奇声を発する、友達となじめなずよく叩く、ひとつのものに固執する、いつも斜め見する、斜視がある、階段を怖がる、ひとりでぐるぐる回っている、食べ物をこぼす、偏食がある、聴覚・感覚過敏がある、多動……。』
現場でも以上のような症状のある赤ちゃん、こども達を見かけたことがあるはずです。
助産婦の直感、直観、経験で「これは何かありそうだぞ‼️」と気づいた時に何らかの手当てを適切に施していれば解消できるものばかり…でした。
そのうち良くなるから……様子を見ていましょう」の様な経過観察的・先送りでは、何の解決にもならずさらに二次的なトラブルを呼び込んでしまうことになりかねません。
そして数ヶ月、数年後、骨格的な問題からさらに中枢神経的な問題へと移行して、いろいろな困りごととして表出してきたのです。
最近、この様なケースのこども達が非常に多くなってきたように思えるのは私だけではないはずです。
 学校でもグレーゾーンの子どもたちが増えて先生方もその対処に四苦八苦しているようです。
こども達がまだ小さいうちに、ほんの小さな異変・異常を発見し、適切に対処できていたら、
近い将来抱え込まずにすむ障がいを、水際でくい止めることができる」と私は信じています。
頭蓋仙骨療法は、骨格的、中枢神経系の構造的、生理的な変異・癒着・ストレス・エネルギーシスト(エネルギーの塊)を誘導、解放させて、本来持っているあるべき機能を呼び起こし改善させ成長発達を助けていくことができます。
専門的な知識と経験をお持ちの「現場で活躍されている助産婦さん方」が、目の前の赤ちゃん達の諸問題を少しでも早期に改善できる様になれば、日本の子どもたちは救われます‼️
私の講習会の対象者は、
日本の明るい未来を切り開く礎になっていかれる助産婦さんに限定しました。
生まれてきた赤ちゃん達の苦痛を救えるのは直ぐに手を差し伸べられる助産婦さん方しかいません‼️
講習会に参加された助産婦さんは、講習会がまだ終わらないうちに「反っくり返って泣き叫んでいるあの赤ちゃんにすぐにでも手を当ててあげたい」と早く現場に戻りたい!と口々に言われます。
そのように明日から直ぐに実行してくれる人熱いハートをもった助産婦さんに、私は私の持つすべての経験と知識とエネルギーを捧げたいと思っています。
私はその準備が整っています。
どうぞ受け取りに来てください。
たなこころ C.S.T.こども機能発達センター
代表  藤牧経乘