神戸「講演」お陰様で反響がありました!

IMG_89936月17日神戸の国際会議会館にて「子どもの成長発達からみた母乳育児の重要性」というタイトルで講演を行いました。

主催は、『BSケアプロジェクト』という児の母乳吸啜メカニズム乳房ケア基づく乳房ケア開発グループで、年に一度の全国大会である「BSケア発展セミナー特別企画」に講演を依頼されました。全国から200名近い助産師さんが参加されていました。
他には、
昭和大学江東豊洲病院小児科医の水野克己先生、クロレラ工業の畑中隆治氏 が登壇され、それぞれのご専門からとても勉強になるお話を聞けました。

さて、

今回の特別企画のテーマのひとつであった「原点を振り返る!」という事から、自分たちの人生の原点、どの様にしてこの世界に生まれ出てきたのかという「人生のスタート地点」をもう一度しっかりと見つめ直してもらうことから講演をスタートしました。

お母さんのお腹からどのような過程を経て出てきたのか、参加者の皆さんに自ら赤ちゃんとなってその時の様子を出来るだけリアルに再現してもらうことにしました。

まず、
⚫︎第一頭位(胎児が頭を下にしてお母さんのお腹の左側にいたポジション)での誕生を会場の半分の方々にイメージをしながら再現していただき、
⚫︎第二頭位(胎児が頭を下にしてお母さんのお腹の右側にいたポジション)での誕生を会場の半分の方々にイメージをしながら再現していただきました。

参加者のほとんど乳房ケアの助産婦さん、医療関係の方々でしたので、「ええっと母親の恥骨がこっちに位置していて、仙骨との間のこんな狭い間をこんな風に頭を擦り付けて…」と自分の頭を机に押し付けて皆さん「痛たた…」とか言いながら上手に再現されていました。

会場には男性も20名ほどいました。やはり男性陣は自分がどの様なお産をして来たのかすぐにはイメージ出来ず、戸惑っておられる方も多かったようです。

どの人も等しくお産を経験してこの世に生まれ出てきたにもかかわらず、その時のことを覚えている人は皆無です。

でも私は、どうしても、どの様に顔や頭を擦りながら産道の中を降りて来たのかを実感を持って皆さんにわかっていただきたかったのです。

産道の中の赤ちゃんの顔や頭や身体は強圧、回旋、前進しながら誕生して来ます。
その時必然的に、歪み、捻れが顔や頭や身体に起きて来ます。

その時の後頭骨(赤ちゃんは4つのピースに分かれている)の歪みから起こる現象を骨格的に解説をしました。

さらに、その変形してきた顔や頭や身体を「母乳育児」をする事で解放して正しい形に戻るメカニズムを解説しました。

また、母乳育児は赤ちゃんの原始反射をも統合させていく働きがあることも解説いたしました。

現場で多くの赤ちゃんが抱えている問題:
⚫︎全身えびぞりに沿って硬直してしまう
⚫︎片側しか向けない
⚫︎吸啜する力が出せない
⚫︎泣き止めない
⚫︎口が開けられない
⚫︎胃軸捻転ですぐ戻してしまう
⚫︎呼吸もしずらい
⚫︎頭の形が悪い
⚫︎お腹をつけた這い這いをせずに仰向けでの移動をしている
⚫︎変な這い這いをして、シャフリングしている
⚫︎這わずにすぐ立ち上がってしまう……………………という様な。

全てとは言えませんが、
ここにあげている現象のほとんどの赤ちゃんたちの顔や頭や骨格に、異常な捻れや歪みがある為に、赤ちゃん達がとても辛い思いをしてきている事が、アメリカ、ヨーロッパ、日本の各地で出会った多くの赤ちゃん達に触れてきてわかってきたことです。

現在、奈良市の方で、発達障がい児、脳障がい児達への施術と機能発達ホームプログラムを作成していますが、こちらに来るお子さん達のほとんどに、赤ちゃんの時に上に挙げた症状で苦しんでいた事実を知りました。

助産婦さんほど赤ちゃんをみている方はいません‼️

目の前の赤ちゃんにある症状が出た時に、
それが「骨格」から起きているものか?
あるいは「中枢」から起きているものか?
判断でき対処できる専門性が求められて来ると思います。

経験豊富な助産婦さんの直感で、何かおかしい⁉️と思った時に、すぐに対処できる事で、
抱え込まずに済む問題を水際で食い止めていけるのは、助産婦さんです‼️

日本の子ども達は助産婦さんの手(たなこころ)にかかっています‼️

………………で、終了いたしました。

終了後の懇親会で、何人もの助産婦さんが話をしに来てくれました。

「うちのクリニックで産まれた赤ちゃんも身体を反らして床に置くと大泣きする、下顎が引けていておっぱいを浅吸しか出来ない、頭の形が悪い、という子たちがいっぱいいます。今まで対処してきたつもりではありますが、何故そうなるのかという根本的なメカニズムは学校でも習わないし全く分かっていませんでした。何か違和感を感じながらの毎日でしたが、その違和感が何であったか理解できました。これから自分たちにもできる事がある!と希望を持って赤ちゃん達に向き合っていきます。」

心に響いてもらえたようで良かったです。こういった問題意識があり且つ優しい心と手を持つ助産婦さんがたくさん増えてくることを切に願います。

私は医療業界の大きなヒエラルキーには属していないこともあり、自分では「普通」と思っているのですが、組織の中の「普通」と違うことを言ってしまうと過激・辛辣と捉えられることも多々あるようなのですが、

そんな私に、この様な機会を与えてくださった、
BSケア代表の寺田恵子先生には心から感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、わざわざ大阪から奈良までお越しいただき当日の配布資料作りを手伝ってくださった助産婦の松田志帆先生、そして今回の神戸特別企画セミナーの担当BSケアのスタッフの皆様。
にもお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

マッキー

グリア細胞とテッシュペーパー⁉

少し前のことですが、

去年2016年7月の東京での施術会で、 面白い〝気づき″ がありました。

ひとりの男の子が、テーブルの上に置いてあったティッシュ箱を、綺麗に分解して中身のティッシュを取り出してしまいました。

お母さんは申し訳なさそうに、 何度もすみませんと言われていましたが、

私の娘達も小さい頃、引っ張れば次から次と出てくるティッシュを面白がって引っ張り出して部屋中をティッシュの山にした事を思い出し、子どもなら普通の事!と全く平気でした ^_^

構造的にティッシュペーパーは、箱の中で綺麗に互い違いに折りたたまれていて、一枚取ると次のティッシュの一枚の半分が一緒に箱の外に出てきて取りやすい様になる……

とても綺麗に規則正しく何重にも層になっていて、「秩序」がそこには存在しているのです。

それを見て、……… はっ‼️ と 気付かされました‼️
脳 (中枢) と同じだ‼️
中枢神経の90%は、

グリア細胞 (=ノリの様なもので、脳神経を覆い囲んで、栄養供給や老廃物の排泄も行い、脳全体を護っている細胞で、とても綺麗で規則正しい秩序がそこには存在している ) で構成されています。

………………………………………………………………………………

アメリカ最新の頭蓋仙骨療法の世界では、どんどん研究と臨床が進み、もはや骨の可動域や脳脊髄液のパルス数を診るなんてことは、入門中の入門、いろはの「い」にあたるくらいのものです。

2015年に渡米し、アプレジャー研究所の頭蓋仙骨療法の講習会 「Touching the Brain 」を受講してから私の意識は、頭蓋骨や仙骨の骨からのアプローチより深部の脳神経細胞およびそれを支え護るグリア細胞へと移行していきました。

講習会受講以前から私は、頭蓋仙骨療法は「脳の構造・形を変えていく‼️」 と力説していました。
中枢神経系にねじれ、歪み、癒着等があるとその部分の血流、脳脊髄液の流れが悪くなり、脳疲労を起こし、誤作動を起こして、いろいろな障害が出てくる…… と。
まさに、頭蓋仙骨療法は、グリア細胞の修復を試みていたのです‼️

 

グシャグシャと秩序を失ったティッシュの束を一枚一枚元の様に順番に重ねていきながら、

シワになったティッシュを隅まで伸ばして丁寧に重ねていくプロセスが、

頭蓋仙骨療法のお手当が、中枢(脳・脊髄及び全身をめぐる神経細胞)の美しい秩序を整えるのものと一緒のプロセスの様に思えたのです。

丁寧に。丁寧に。やさしく、大切に。

全ての細胞の秩序が美しく保たれていると、その細胞たちは本来の機能を最大限発揮します。

 

この事に気づかせてくれたその男の子にこころから感謝です‼️
………………………………………………………………………………

その日はその男の子は、もうひとつ大事なことを思い出させてくれました。

彼は3月に引っ越しをして新しい学校で、環境の変化による過緊張からか人を叩くことも出てきたと、お母さんが話されていました。
自分の言いたいこと、思っていること、わかって欲しいことが相手に伝わらない。伝えられない。

相手の言うことは理解できているのに、それに対してうまく言葉が出てこない、もどかしさと怒りが臨界点を超えて、手が出て相手を叩いてしまうということが起こってしまうのですね……。
施術の最中でも腕や頭や顔 等彼に叩かれましたが、私はいっこうに気にせず施術をしていました。

…………………………………………………………………………………………

私の初の海外経験が、今から36年前のアメリカ・フィラデルフィアのドーマン研究所でした。アメリカ人や世界中からやってきた外国人のスタッフたちや障害児・者たちとの生活です。
ただその治療法・訓練法を学びたい一心で、後先何も考えずに大学卒業たった2週間後に、片道切符だけで渡ってしまい、気がつくと4年近い月日が流れていました。
渡米前はほとんど気にもしていなかった「言葉」という大きな分厚い壁が目の前に立ちふさがりました。
自分の思っていることを相手に伝えられないのです。

相手と話したいと思っても自分の気持ちを的確に伝えられなかったのです。

自分は いろいろなことを理解しているし、アイデアもそれを実行する能力もあるのに、十分に発揮できない苛立ちと自分自身に対する激しい怒り。

その思いを何処にも発散できず、

とうとう怒りが爆発して、何度も自分の拳を壁や岩に打ち付けていた若かりし日々。

そんなある時、
「 俺はこの様に苦しんでいる子ども達のこころの通訳が出来る人間になろう‼️ 」

と決心しました。
それから長い月日が過ぎて………

頭蓋仙骨療法に出会い、たくさんのお子さんたちのサポートをさせていただいております。
今回の東京施術会でのその男の子から、
その時の 「 初志貫徹‼️ 」 を思い出させてくれた貴重なものでした。
ありがとう K君‼️

マッキー

共鳴、共振

私たちの身体の中にはたくさんの器官・組織があります。

それらの器官・組織は常にそれぞれ固有の振動数で振動しており、それぞれが調和を保ち

ながら振動することによって身体全体の調和が保たれているといわれます。

調和している状態がすなわち健康といわれる状態ということだそうです。

具体的には、
内臓ひとつをとっても、胃、心臓、肺、腸、肝臓、腎臓 … 等々、

筋肉も、僧帽筋、大臀筋、梨状筋 … 等々、  骨も、蝶形骨、後頭骨、側頭骨、仙骨… 等々、

中枢神経も、延髄、脳橋、中脳、小脳、視床 … 等々、

その他 数えきれないくらいの器官・組織、またそれらを構成する細胞たちが、

それぞれの固有の振動数で調和 を取りながら、動いています。

以前、京都でサイマテックセラピーをされている方から、それぞれの器官に対応する特殊

音響を聞かせてもらったことがあります。

(私は専門ではないので、表現や文言の使い方が正しくない場合があるかもしれませんが、)

中枢神経の音は、その他の器官、例えば内臓や筋肉や骨などより、

身体と中枢神経の波動数、振動数には、違いがあり、

簡単に言うと……

身体の波動数は低くて、振動数は大きいのです。

それに比べて、 中枢神経系の波動数は高く、振動数は微細なのです。

更に、それぞれの脳の箇所でも波動数、振動数も異なります。

しかし、面白い事に、違いがあるにもかからわず、

身体と中枢神経との間には、ある法則・天の摂理があるようです。

身体 ⇄ 中枢神経には、同じような形、大きさ…… があって、

その箇所はお互いに絶えず連絡を取り合っています。

私は、人様の身体からの 振動 を感知・観知して不調和な即ち弱っている部分の振動を、

本来の調和のある姿へ導いていくための手助けをしています。

何を言いたいか……というと。

頭蓋仙骨療法は、何処へのアプローチか❓ という事です。

中枢神経系の波動数、振動数は骨格系と違い、高く、微細ですので、

そこへのアプローチは、

決して手に圧のかからない、羽根の様なタッチでなければ、

中枢神経系は決して受け入れてくれません‼️‼️

忘れていました。 身体も中枢神経系の一部でしたっけ‼️

皮膚と中枢神経は同じ外胚葉の仲間同志でしたね‼️

ストレスのかかる状態、強制の環境下での施術は、『頭蓋仙骨療法』とは異なるものです。

「 2つの同じ音叉を隣同士に置いて、片方を叩くと、隣の音叉に振動が伝わり、叩いてい

ない方も音をかもし出します。」

「 中枢と同じ振動数の手 」になっていないと中枢は全く反応しないか拒否反応を起す‼️

という事です。

 

ある時こんなことを思う様になった。

同じ様な境遇の子どもたちは、

地球の裏側にいる子どもたちとも繋がっているんではないか?  ……と。

同じ波動数・振動数を持っている彼らは、いつもテレパシーで交信しているのではないかと。

目の前の赤ちゃん、子どもが気持ち良くなれば、別な場所にいる同じような赤ちゃんや

子どもたちも心地良くなっているのではないか、と。

まるで同じ音叉同志が、共鳴、共振しているかのように。

結論はとても…………… 簡単 でした。

いつもその「真実」を意識しているだけです。

すると、何かが…、起こり…、始まる……様なのです。

 

マッキー