沖縄で講演してきました。テーマ:「産道と児頭の応形機能とその後の発達~生まれ来るいのちのスタートに寄り添う~」

昨年の神戸に引き続き、2018年6月16日、母乳育児BS ケアの助産婦さん方の全国大会が

沖縄で開催され、そこで講演の機会をいただきました。

 

当日は大型台風が沖縄本島近くに接近していたので、朝から強風と豪雨の中、海の中道を

車を走らせて会場に向かいました。

 

今回は、 「産道と児頭の応形機能とその後の発達」と言う内容でお話しさせていただきました。

 

簡単に内容を説明すると、

⚫︎お母さんの骨盤(産道)の歪みが赤ちゃんの頭、身体、全身の歪みにつながる。

⚫︎早い時期に歪みを解放して来なければそれが固定化してくる。

すると中枢神経系(脳)にも影響が及んでくる。と言う裏付けを解剖学的に検証していく。

⚫︎ハイハイをさせない、して来ない⁉️環境が子どもたちの発達を妨げている。

⚫︎小学校でもグレーゾーンの子どもたちが年々増えてきているのはなぜでしょうか⁉️

⚫︎赤ちゃんの問題を水際で解消できるのは助産婦しかいない‼️

⚫︎日本の子どもたちを救うのは助産婦だ‼️

でした。

 

いつものように熱く語ってしまいましたが……。

 

日本中から意識の高い、問題意識を持った助産婦さん方が、

「今度いつ講習会がありますか?」

「私たちの地域にも来ていただけますか?」

と講演会後大勢の助産婦さんたちが話しかけて来られました。

 

魂心会後の二次会でも昼間の話題で盛り上がり、

小さい赤ちゃんをお持ちのお母さん方、

発達の気がかりなお子さんをお持ちのお母さん方への講演会と

助産婦さん方への講習会を石垣島で行うことがその場で決まりました。

 

感性、情熱的な心、問題提起と分析能力、問題解決能力が備わった助産婦さん方が、

この頭蓋仙骨療法を体得すれば、現場でいろいろな問題を抱えている赤ちゃん達を、

その場で解放させてあげることが出来て、赤ちゃんの人生もお母さんの人生も変

えることができるのです。

 

藤牧にはその準備が整っています。

 

藤牧経乘

 

 

 

 

 

大阪助産婦会館で講演会をしてきました。

去る4月28日、鶴橋駅にある大阪助産婦会館にて、

「子どもの成長発達からみた母乳育児の重要性」

というタイトルで、助産婦さん対象の講演会をしてきました。

 

現場でいろいろな問題を抱えた多くの赤ちゃん達のケアをされている

大阪近郊はもちろん、名古屋、長野、東京から定員をはるかに超えるほどの助産婦さん方

に参加いただきました。

 

⚫︎ 母乳育児が赤ちゃんの頭蓋骨、骨格、 中枢に及ぼす神秘的な作用。

⚫︎ 母乳育児と原始反射統合との関係性。

⚫︎ 赤ちゃんのさまざまな問題は、実は骨格、中枢の歪みから来ていた。

⚫︎ 発達障がいは、実は乳児、幼児の時から始まっていた。

⚫︎ ローリング、仰向け移動、ハイハイの下手な子、シャフリング、ハイハイしなかった…

と発達障がいとの関係性。 そしてその予防策。

⚫︎ 将来抱え込まずにすむ障がいを、水際で食い止めることができるのは、

助産婦しかいない‼️

という内容でした。

途中ベテランの助産婦さんに、頭蓋仙骨療法とはどんなものかのデモも入れてみました。

 

 

「 今まで聞いたことがない、目から鱗のような衝撃的な話でした。」

「仕事の中で行き詰まっていたことや育児での疑問に希望の光が見えました。」

「母乳育児に骨格の修復の素晴らしい効果があることを初めて知りました。」

と講習会後、多くの助産婦さん方から感想をいただきました。

 

 

日本全国、南は沖縄、北は北海道から発達障がい児たちとそのご家族が、

遠路はるばる奈良まで施術を受けにみえます。

 

必ず、事前質問表に妊娠中、出産方法、赤ちゃんの時の問題、状態、それに対しての

専門職のアドバイス、ハイハイした時期、立った時期、食事……等

を記入していただいています。

 

わかったことが、殆どのお子さんは乳児期、幼児期に起きていた問題を、

「そのうち良くなるから様子を見ましょう……」的経過観察・先延ばしにされて

来ていたのです。

母親はすぐに子どもの異変に気付いていたのですが………。

 

数ヶ月後、数年後には、骨格的な歪みが中枢的歪みに変容していたのです。

 

私の頭蓋仙骨療法は、中枢神経系のグリア細胞の歪み、癒着の変容を改善して

いく素晴らしい療法です。

 

その技を助産婦さんにお伝えする準備は出来ている‼️

ということもお話しして来ました。

 

これを企画してくださった、長年頭蓋仙骨療法をされている堺と茨木の助産婦さん方に

感謝しています。

 

日本中どこでもお伺いしますので、このような話をお聞きになりたい方はいつでも

お知らせください。

 

 

たなこころ C.S.T.こども機能発達センター

代表      藤牧経乘

 

 

 

 

半断食 in 奈良

4月9日、10日 一泊二日。奈良の酵素風呂施設で半断食セミナーを行いました。

今回の半断食は、『ひとくち300回噛む』というミッションでした。

 

参加者は各地(沖縄、鹿児島、宮崎、福岡、広島、大阪、)からの助産婦さんでした。

長年食べる時間もないほど忙しい勤務状態の中で、ちょっとした時間の合間に

食べ物をお腹に放り込む状態かと思います。 本当にご苦労様です。

その様な方々へ、敢えてひとくち300回噛む‼️ という半強制的な時間を設けてみました。

 

近鉄奈良駅に集合し、3台の車で相乗りして会場に到着。

ウェルカム(よく噛む)ドリンクとして、手作りで梅醤番茶(梅干し、醤油、番茶)を

作りみなさんに飲んでいただきました。

 

今回の半断食の特徴は、

⚫︎ 噛む事に集中すること。

⚫︎ 酵素風呂に入る。

⚫︎ 頭蓋仙骨療法の手当てをする。

身体(中枢、骨格)の中から外への変化とエネルギーのうごめきを体感していく事。

この体験は必ず、微細な指先のお仕事をされている助産婦さん方へは役に立つだろう。

 

こんな思いから企画しました。

 

頭蓋仙骨療法をされているみなさんなので、頭蓋骨のどの骨が動き出して、

どの骨にロックがかかっているのか改めて解りだし、さらに噛み続けていくうちに

その問題の骨が解放していく感覚とそれと同時に身体の他の部分をも解放してくる

というを認識出来ることがとても大切な事でした。

それを自分自身の身体で体感出来ることが必要なのです。

 

いろいろな変化を確認しながら、みなさんでシェアしてそれがどうしてなるのか

ネッターの解剖図の本で解説しながら腑に落としていく。

食べる過程と同じで、よく噛み砕いて、飲み込み、消化するまでの過程と、

外から得た情報を自分の中でよく噛み砕いて、のみこみ、腑に落として、理解して、

その理解したものを使いこなすまで練習していくと、

自分のものになり、血となり身に成るのですね。

 

小さな茶碗に70〜80グラム程のこもりの酵素玄米にごま塩を掛け、マッキーが2種類を合わせた味噌の味噌汁だけ。の食事を一泊二日の4食。

途中、低血糖、塩抜けにならぬ様に、酵素ドリンクと梅醤番茶は随時用意していました。

2回酵素風呂に入り、みなさんお肌ピカピカ、ツルツルびっくりするほど白くなって

いましたよ‼️

さらに、頭蓋仙骨療法のてしおの会もお互いに確認していきました。

 

身体の真・芯から、解放することの喜びを体感して欲しかったのです。

みなさんありがとうございました。またやりましょうね。

 

マッキー