News & Blog

どうして助産婦になったのですか⁉️

「どうして助産婦になったのですか?」 と

 

ある講習会後の夕食会の時に聞いたことがあった。

 

 

ひとりひとりに話を聞いていて、

 

そこには全て夢と希望に満ちた熱いストーリーがありました。

 

 

今の職場は、その時の「思い」が発揮できるところですか?

 

ワクワクしてお仕事できる人間関係、場所ですか?

 

目の前の赤ちゃんやお母さんの苦しみを癒してあげられていますか?

 

 

⚫︎病院や助産院の体制や人間関係で全く心の余裕が無く気を使いながら働いているとか。

 

⚫︎自分一人が手当てをしていると同僚から余計なことをしているかの様な目で見られてし

まうとか。

 

⚫︎市や町の検診や家庭訪問で自分一人が人と違う手当てをしていると、助産婦グループの

秩序が乱れるから、ケアの差が出てはいけないからと、目の前の赤ちゃんやお母さんに手

当てができないでいる状態とか。

 

 

とても歯がゆい思いをされている多くの助産婦さんがいらっしゃるようです。

 

 

 

全てが、「どちら目線」で物事を見ているのか?

 

誰のための検診、家庭訪問なのかが全く理解、認識されていませんね。

 

これって、「日本人特有の体制、体質」ですか⁉️

 

 

アメリカの助産婦、医療者と全く違いますね。

 

アメリカでは、個人が勉強会に行き、少しでもお母さんや赤ちゃんのために活かす方法を

 

見つけ出して、自分の経験を増やしていき、磨いていきます。

 

多くの成果をだしていて、お互いに学び合っていける環境が整っています。

 

必然的に勉強をしていかないと人はドンドン置いていかれて、

 

終いには自分から辞めて行かざるを得ませんね。

 

成果が出せないのですからしょうがありません。 実力主義。

 

 

 

それに比べて、日本の助産婦さん方はひとりひとりの能力が高いのに、

 

本当の実力を発揮できないでいるのでしょうね。

 

とてもとても残念ですね。

 

 

そのしわ寄せが、赤ちゃんやお母さんに出てくるのでしょうね。

 

 

目の前で苦しんでいる赤ちゃんをどうされたいのか。

 

そのためには、

 

⚫︎赤ちゃんの現状を的確に把握する 「感性 」が決め手です。

 

⚫︎その状態を的確に骨格的、生理的に 「分析する」ことが必要です。

 

⚫︎分析したら速やかに手当てをしていく。

 

⚫️ それを発揮出来る自由な環境が最も必要なのかもしれません。

 

 

 

今いる場所は、自分のこころが正直に生きていくことができる場所ですか⁉️

 

 

助産婦さんのワクワク、ウキウキ、楽しい波動が、

 

周りの環境にも「共振、共鳴」していくのです。

 

それが     「自然の秩序」ですよね。

 

 

「どうして助産婦になったのですか?」

 

私がいつも助産婦さんに聞いてみたい「こと」なのです。

 

 

 

たなこころ C.S.T.こども機能発達センター

藤牧経乘

赤ちゃんから「うつ伏せ」の時間・機会を奪わないで‼️

ある助産婦さんからこんな話を聞きました。

「最近、うつ伏せをしていない、させられてこない子どもがたくさんいて、それは医療者が

やたら、うつ伏せにしてはいけません。と言うからです。」と。

さらに「うつ伏せ寝」と「うつ伏せ」は違うんですよ‼️」と彼女は力説していま

した。

まさにその通り‼️‼️‼️

 

 

医療者は、

 

SIDS : Sudden Infant Death Syndrome (乳幼児突然死症候群) になるから、

 

うつ伏せ寝しない様に‼️  と 忠告、指導しているからです。

 

だからなのでしょうね。

 

ほとんど日本中のお母さん方は、赤ちゃんを うつ伏せ にした事がなく⁉️

 

いつも仰向けの状態で寝かせている事が多いのです。

 

幼児教育・教室でも、うつ伏せを推進していましたが急に禁じたところもあるようです。

 

 

うつ伏せ寝」にしたままで放置しない。

 

という意味なら100 % 理解できます。

 

ところが、先入観というか、思い込みというか、洗脳されるというか、

 

お母さんの頭の中は、SIDS になる危険があるから全てのうつ伏せは絶対ダメ‼️  と

 

勘違いしているようです。

 

初めてのお子さんたったら、先生や助産婦さんから言われたらそうするものだと

 

思い込んでしまいますよね。

 

 

この状況は、専門職側の説明不足がそのような結果を引き起こしているのでしょう。

 

考えてもみてくださいな。

赤ちゃんだって、いつも仰向けにされているのもつらいでしょ。

頭の後ろは重力で絶壁や歪で変形してくるし、

内臓も重力で圧迫されるし、

手足の動きも制限されると中枢の感覚神経系や運動神経系の発達も遅くなるし、

半年過ぎても仰向け状態で、首も座っていない赤ちゃんもいますよね。

どうしたものでしょうか⁉️

 

 

そうならないように、

赤ちゃんが機嫌が良い時には、

畳の上やフロアーの様な硬い表面上で、

お母さんが側について目を離さず「うつ伏せ」にする機会を作ってあげてください‼️

 

お母さんが赤ちゃんの顔の前で笑顔で名前を呼びながら応援してあげてください。

最初は20〜30秒ほどで、1日数回から初めて、

徐々に時間と回数を増やしていけばいいでしょう。

 

注意:

⚫︎ 決して赤ちゃんのそばにいて、目と手と心(気持ち)を離れないこと。

⚫︎ いつも赤ちゃんの反応を見ながら行うこと。

⚫︎ 泣いてお母さんが不安でしたら行わないでください。

⚫︎決してスマホで動画など撮りながらしないように‼️

 

何故なら、「うつ伏せ」の効果は、

⚫︎赤ちゃんの五感を刺激して、

⚫︎原始反射の統合にも関与していて、

⚫︎首の座りも早く良くなり

⚫︎脳と骨格の成長の発達にかかせない運動だからです。

 

 

✴︎うつ伏せ這い這い(腹ばい) から四つ這い(高ばい) へ、

✴︎四つ這いから 伝え歩きへ、

✴︎伝え歩きから 歩行できるまでの過程がとてもとても大切なのです。

ヒトの成長はこの過程に約1年を費やしますが、

進化発生学生物学的には、この過程は4億年という膨大な時を費やしてきています。

 

この一連の動作、運動を通して、

視機能、聴覚機能、前庭器管、固有受容器、触覚機能、運動機能、言語機能、手の機能

などが、それぞれの時期にそれぞれの中枢と骨格が発達してくるのです。

いろいろな原始反射も統合されてくるのです。

 

 

 

赤ちゃんから とても大切な「うつ伏せ」の時間と機会を奪い取らないでください‼️‼️

 

その時期に必要な動き、機能が脳と身体の発達にとてもとても大切であることを、

 

各地の助産婦さん、助産院、保育園での講演会活動もしています。

 

目から鱗 (身体の中では既に知っていた事)情報ばかりで、実技の時には、

うつ伏せができなかった赤ちゃんが、

生まれて初めてその場でハイハイ出来るようになり、

会場いっぱいの拍手と歓声との感動のドラマです。

 

 

赤ちゃんの可能性は無限です。

 

地に足を付けて大地に立つ。

 

その前に、

 

地に腹(丹田)を付けて這っていく事は、ヒトの根っこを育てることになります。

 

どうぞ、赤ちゃんから、「うつ伏せ」の時間を 奪わないでください‼️‼️‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石垣島での講演会、講習会

ひろ子も私も人生初の石垣島‼️

 

去る1月12日、13日、14日の連休に、石垣島市内にある 「みよし保育園 」にて、

講演会、講習会を開催して来ました。

 

みよし保育園の宮良長利園長先生には、100畳程ある様な板張りの広く開放感のある明る

 

い素晴らしい教室を提供していただきました。

 

園庭には、大きなガジュマルの木があり、綱のブランコが下がっています。

 

こどもたちは裸足で毎日元気に遊んでいるそうです。 羨ましい保育園だ‼️

 

初日、

連休にもかからわず、授乳中、育児中のお母さん、保育士さん、看護婦さん、助産婦さん

 

の40名以上もの方々に参加いただきました。

 

テーマは、

⚫︎母乳育児と発達の関係 ( 母乳育児の神秘について )

⚫︎母乳育児が赤ちゃんの原始反射の統合にも関与

⚫︎赤ちゃんの発達とはいはいの大切さ( 進化発生生物学的な観点から説明 )

⚫︎ヒトはどのように発達をするのか⁉️

⚫︎発達の中でおき忘れた課題と日常生活への影響。

⚫︎はいはい(お腹を床につけてのはいはい)の正しい形とは。

 

実際に参加されたみなさんに広い会場を這っていただきました。

笑い声やらハアハアフウフウきつそうな声があったり………。日頃の運動不足⁉️

さらに、2〜3ヶ月の赤ちゃんにも人生初体験で畳に上で這ってもらいました。

両足をサポートしてあげると、ちゃんと頭を起こし始めて、原始反射を使って前進して

いきました。

もうひとりの赤ちゃんも、上手にサポートしてあげると、足を交互に蹴ってきて、

綺麗な腹ばいをし出しました。

人生初の腹ばいでしたので、会場のみんなから拍手をもらいましたよ❣️

 

赤ちゃんに正しい刺激と環境を与えると、すぐに動き始め、

躍動し出す事が、今回の講演会でデモンストレーションできました‼️

 

 

次の日の13日、14日は、

地元の助産婦さん方、沖縄本島からの助産婦さん方への講習会と練習会でした。

 

 

日頃、問題意識を持たれている方々ですので、

現場でいつも手当をいろいろなケースに活用されている熊本の先輩助産婦さんからの

驚く様な症例に、みなさん真剣な眼差しで、感覚を研ぎ澄ませながら聞き入っていました。

 

教科書にもなく、聞いたこともない、

しかし解剖学的にエビデンスの取れた内容と、直ぐに役に立つ実技で、

腰痛持ちの助産婦さんの症状も、途中からとても軽くなっていたようです。

 

全く痛くなく、とても気持ちよく、即効性があり、その状態が長く保持しているうちに

症状があったことも忘れていた……。という療法です。

 

この療法は、赤ちゃんからお年寄りに至るまで活用できる療法で、

発達障がい児、発達に課題のある子どもたちにも有効かつ安全な方法です。

 

 

今回、石垣島での講習会で、参加いただいた石垣島の助産婦さん方が、

石垣島の赤ちゃんやこどもたちの成長発達での疑問を解消出来るケアを

学ばれた事は、本当に大きな一歩だと思います。

 

石垣島の助産婦さん❣️

石垣島の赤ちゃんたちはあなた方の手にかかっています‼️

 

 

 

次の日、帰りの飛行機まで時間があったので、

 

隣の竹富島へ足を伸ばして、サイクリングで島の中を散策してきました。

 

〜〜〜 何とも言えないとても綺麗な海のイ〜ロ〜 〜〜

 

〜〜〜 星の砂の浜辺で、 島人む宝を聴きながら、数時間ボ〜ッとしながら〜〜〜

 

〜〜また来たいね〜〜〜

 

でした